日本は入国制限を緩和

発行日:

岸田文雄首相は昨日、2022年2月17日、3月1日からの入国者に対する厳しい制限を緩和し、留学生や労働者が来日するための条件を整えると発表した。 しかし、これは日本がまだ外国人観光客に国境を開放する計画がないことを意味します。

東京から、特派員のフレデリック・チャールズは次のように付け加えています。

岸田文雄首相は、経済界からの圧力に部分的にしか屈服しておらず、現在の3,500人から1日5,000人に制限されています。

昨年11月、外国人訪問者の制限が緩和され、3週間後にオミクロンの亜種が登場したときに再び彼らを厳しくしました。

日本のビジネス界は、外国人ビジネスマン、学生、インターンが日本に入るという策略を批判している。

アジアで労働者を雇用している日本企業は、深刻な人手不足に直面しています。 1月から40万人以上のビザ保有者が日本に入国するのを待っています。 その中で、15万人の学生が1年以上も必死に入学を待っています。

日本人の大多数は国境の開放に反対している。 予防接種率が80%に達したので、国は比較的パンデミックを封じ込めました。

Tsuda Asami

「コーヒーの専門家。謝罪のないツイッターの第一人者。熱心なテレビ学者。インターネットの先駆者。アルコールの擁護者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。