日本の首相とロシアの大統領が電話でウクライナの状況について話し合った

日本の首相(左)とロシアの大統領。 写真:共同通信

ロイター通信によると、日本の首相はロシア大統領に、ロシアは軍事的対立の道ではなく、ウクライナをめぐる緊張に対する外交的解決策を模索すべきだと語った。

岸田文雄氏は電話後、「プーチン大統領に、現状を無理やり変えるのではなく、関係国に受け入れられる解決策を見つけるために外交交渉を進めるよう要請した」と述べた。

岸田文雄は、両首脳がウクライナ危機についての対話を継続し、日本とロシアの間の戦後の平和条約に向けて取り組むことに合意したと述べた。 日本とロシアはまだ島のグループの所有権をめぐって争っている。

岸田氏は先に、電話前の記者会見で、攻撃があった場合にロシアに制裁を課す準備ができていないと述べた。この行動は紛争中の島々をめぐるロシアとの交渉に影響を与えるからだ。 「特にロシアとの関係において、緊張を緩和するために行動しなければならない」と彼は述べた。

今週初めにウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領との電話で、岸田は緊張を和らげるために外交努力をすることに同意した。

岸田とプーチンからの電話は、米国とフランスやドイツなどの主要なヨーロッパ諸国がウクライナの状況が悪化するのを防ぐために外交を強化しているときに来ます。

先進国7か国のグループのリーダーは、おそらく2月24日に、ウクライナの危機について話し合うためのビデオ会議を開催する予定です。

最近、ロシアがウクライナを攻撃するかもしれないという多くの主張が西側とウクライナでありました。 クレムリンのスポークスマン、ドミトリー・ペスコフは、それは根拠のない噂であり、ロシアは誰も脅迫していないと述べた。 同時に、彼は、これらの西側の主張を裏付けるために挑発を行うことができると示唆し、ウクライナの危機を解決するための力の使用は深刻な結果をもたらすだろうと警告した。 。

その日の早い段階で、ペスコフはまた、ロシアが2月20日以降にウクライナを攻撃する可能性があるというポリティコの噂を否定した。 「別の偽のニュースが作成されているようだ」とペスコフ氏は語った。 少なくともあなたと私はそのような誤った情報を信じないことを願っています。」

ペスコフ氏は、ロシアがウクライナを攻撃した日付について、さらに正確には多くの憶測があったと述べた。 「それはすべて無責任なフェイクニュースですが、著者の誰も彼らが間違っていることを認めていません」とペスコフは結論付けました。

Kubota Kyo

「ハードコアビール狂信者。ウェブファン。邪悪なアナリスト。極端なトラブルメーカー。Twitterスペシャリスト。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。