日本が大規模な予防接種キャンペーンを再開

東京の住民のためのCOVID-19に対するワクチン接種。 写真:AFP / VNA

東京のベトナム通信社特派員によると、センターで注射された被験者は18歳以上で、3回目の注射登録証明書を持っており、2回目の注射を少なくとも6か月完了しています。 すぐに使用されるワクチンは、製薬会社Modernaのワクチンです。

1月31日から2月5日までの最初の注射では、予約からわずか9分で、合計4,320回の注射、つまり1日あたり720回の注射がすぐに予約されます。 2月7日から2月13日までの2回目の注射から1日2,160回に増加し、1月31日午後6時から予約受付を開始します。

予防接種を受ける資格のある人は、公式ウェブサイトまたは電話で予約できますが、国防省の代表者は、情報に混乱が生じないように、ウェブサイトから予約することをお勧めします。

日本政府はまた、2月7日から国防省が運営する大阪府の大規模予防接種センターを再開することを計画している。 このセンターでの最初の注射の容量は1日あたり960回で、2月4日から予約を受け付け始めます。

日本政府が国防省が運営する大規模な予防接種センターを東京と大阪の2つの主要都市に開設するのはこれが2度目です。 以前は、これらのセンターは2021年5月に開設され、196万回の注射を行った後、2021年11月末に閉鎖されました。これは、日本人の2回の鼻腔ワクチン接種をできるだけ早く完了するという目標に重要な貢献をしています。

今回、大規模なワクチン接種センターは、可能な限り短い時間で3回目のワクチン接種のプロセスを加速する責任があり、COVIDの流行の予測不可能な経過に直面して人口の健康基盤を強化するのに役立ちます- 19。

Mukai Mamoru

「旅行オタク。筋金入りのビールの専門家。熱心なウェブ愛好家。流行に敏感なベーコン狂信者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です