メトロ1号線を運営する会社の資金調達手続きに関する問題

計画投資省は、ホーチミン市に追加資本の検討について政府に報告するよう要請し、第1メトロ(ベンタン-スオイティエン)を運営する会社が十分な資金を運営できるようにしました。

文書に記載されている内容は、計画投資副大臣のトラン・デュイ・ドンからホーチミン市人民委員会に送られました。 上記の決定は、メトロNo.1の運営者であるUrban Railway Company No.1(HURC1)の予算配分の方向性に関する市の提案の後、このユニットが十分なメンテナンスのソースではなくなる前に行われました。

HURC1は、100%州都であるホーチミン市の人民委員会に所属しています。 2015年には、2018年に運営される第1の地下鉄計画に基づいて、プロジェクトの運営および保守管理に必要なリソースと条件を準備するために会社が設立されました。 会社が設立されたとき、会社は事務機器を購入するために140億ドンの登録資本を取得しました、運営予算は割り当てられませんでした。

地下鉄1号線は2021年にホーチミン市に入る予定です。写真: ジアミン

事業設立スキームとベトナム政府と国際協力機構(JICA-スポンサー)との合意によると、メトロNo.1の商業運転前は、HURC1は収入がなかったため、ホーチミン市は動作条件。 しかし、地下鉄の建設は予想よりも進んでおらず、当初の資本金からの進出に十分な資金がありませんでした。

計画投資省によると、会社の予算支出は登録資本を増やす方法で行われるべきであるが、第1メトロはまだ運営されていないため、HURC1は追加の資本規制に準拠していない。 省は、政府と開発者の間のコミットメントを満たすために、事業を運営するために十分な資源を割り当てる必要があると感じました。 そこから、この機関は、ホーチミン市が実際の状況に応じて会社の資本を補うための検討と決定のために政府に報告することを提案しました。

それ以前の昨年8月からは、資金不足によりHURC1は多くの困難に直面していました。 これは、来年運用が開始されるスプリントプロジェクトの枠組みの中で、メトロラインの運用のトレーニング、転送、準備のプロセスに影響を与えます。 このユニットは現在、約15人の従業員を擁する最小限の運用機器しか維持していませんが、メトロの運用に対応するには約700人の従業員が必要です。

2021年の終わりに、ホーチミン市の人民委員会は首相に、HURC1会社に資金を割り当てるための地方予算の使用を承認するよう提案しました。 レビューを待つ間、会社は給与を支払うために20億ドルを進め、最後のTetの従業員の世話をしました。

メトロNo.1の総投資額は43.7兆ドンを超え、Long Binh Depot(Thu Duc City)からBen Thanh Station(1区)までの長さは約20kmです。 プロジェクトは現在ほぼ90%であり、2023年に商業運転を開始する予定です。

メトロルート1号。グラフィック:スピリチュアリティ

メトロルート1号。グラフィック: スピリチュアリティ

ジアミン

Mukai Mamoru

「旅行オタク。筋金入りのビールの専門家。熱心なウェブ愛好家。流行に敏感なベーコン狂信者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。