バイアルに異物が含まれていたため、ModernaはCovidワクチンを思い出します

Modernaは、4月10日、1つのバイアルに異物が含まれていたため、メーカーRoviからのCovid-19ワクチンの764,900バイアルをリコールしたと述べました。

リコールされた貨物は、1月にノルウェー、ポーランド、ポルトガル、スペイン、スウェーデンで配送されました。 同社は品質上の安全性の問題を特定しておらず、異物も開示していません。 ワクチンバイアルで見つかったもの。

メーカーのRoviによると、異物は1つのワクチンバイアルにしか現れませんでした。 Modernaは、1つのバイアルの汚染が、同じバッチ以外の他のバイアルにリスクをもたらすとは考えていません。 会社の代表者によると、貨物全体を回収するという決定は、予防措置と慎重な再検査です。

Modernaがワクチンの配布後にリコールしたのはこれが初めてではありません。 2021年8月、厚生省と製薬会社の武田薬品は、一部のバッチが異物で汚染された後、日本が163万回分のModernaワクチンの使用を停止したと発表しました。

Modernaワクチンは、2月17日に米国コネチカット州で使用されます。 写真: ロイター

製薬会社は後にワクチンをリコールし、汚染物質はステンレス鋼の粒子であると述べましたが、それはユーザーにとって「過度のリスク」ではありませんでした。

欧州医薬品庁は、免疫不全患者のためのモデルナワクチンの3回目の投与を承認しました。 2021年10月20日、食品医薬品局(FDA)は、65歳以上の人々の追加免疫を承認しました。

トゥクリン (によると ロイター)。

Sonoda Kamiko

「熱心なゾンビファン。邪悪な内向性。ソーシャルメディアのスペシャリスト。筋金入りのトラブルメーカー。コーヒーメイヴン。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。