WSJ: ロシアはOPEC+による減産を望んでいない

WSJ は、ロシアに近い情報筋の話として、ロシアは現在、石油の減産を望んでおらず、OPEC+ は本日の会合で減産を維持すると予想されていると述べた。

ロシアの反対は、世界の消費者がこの冬のエネルギー危機に備える中、石油輸出国機構とその同盟国 (OPEC+) 内での争いを反映しています。 ロシアが2月下旬にウクライナで軍事作戦を開始した後、原油価格はすでに1バレルあたり140ドル近くに達しています。

WSJ 減産に対するロシアの反対は、先週のOPEC+の内部会合で明らかになったと述べた。 ここで、OPEC+ は、世界の石油供給が今年と来年の需要を 1 日あたり約 900,000 バレル上回るという基本シナリオを提供しています。

しかし、ロシアや他の多くの国の当局者は、OPEC+ は加盟国が十分な割り当てを行っていると想定しているため、これらの数値は正確ではないと述べています。 ここ数ヶ月で、これらの国々が 1 日あたり約 300 万バレル少ないことは事実ですが。

サウジアラビア – OPEC+ の最大の石油輸出国は最近、同盟が減産を検討するかもしれないという考えを提起した。 コンゴ、スーダン、赤道ギニアなどの他の OPEC 加盟国は、この考えにオープンであり、できる限りのことを行っていると述べています。 原油価格は数週間下落している。 OPEC+が減産すれば価格は上がる。

しかし、ロシアは、これによりバイヤーが世界の石油供給が需要を上回っていると考えるようになり、既存のバイヤーとの価格交渉に影響を与える可能性があると懸念している、と情報筋は述べた。 ロシアは現在、世界に比べて大幅に割引された価格で多くのアジア諸国に販売しています. ウクライナでの紛争後の原油価格上昇の恩恵を受けているものの、ロシア政府は、アメリカとヨーロッパによるロシアの石油禁輸後、買い手との交渉能力を維持することに関心を持っています。

先週、G7 諸国は、上限価格以下で販売されない限り、ロシアの石油および石油製品の出荷に対する保険および融資を禁止する意向を発表しました。 ロシアは、このキャッピング計画に参加している国への石油の販売を停止すると脅迫しています。

今日、OPEC+は定期的に会議を開き、生産を調整します。 一部の OPEC 代表は、1 日あたり 10 万バレルの削減が議論される可能性があると述べました。

ただし、最近のデータはこのシナリオをサポートしていません。 代表団はまた、米国とヨーロッパが依然として求めているため、生産を増やしたくないと述べた。 「ほとんどの加盟国は生産を増やすことができません。したがって、割り当てを増やし続けると、評判が影響を受けるでしょう」と情報筋はウェブサイトに語った。 WSJ。

ハ・トゥ (WSJによる)

Tsuda Asami

「コーヒーの専門家。謝罪のないツイッターの第一人者。熱心なテレビ学者。インターネットの先駆者。アルコールの擁護者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。