14カ国の兵士が東海の近くで練習します

毎年8月に米国とインドネシアの合同演習「ガルーダシールド」が開催され、合計14カ国が参加します。

英国、オーストラリア、日本を含む14か国の兵士が、8月1日から14日まで、インドネシアの南シナ海に近い、インド洋とボルネオ島の東にあるインドネシアの南スートラ諸島で、陸と浜の着陸演習に参加します。軍は今日言った。

米国当局は、約3,000人の軍隊がこのイベントに参加し、2009年に「ガルーダシールド」が開始されて以来最大の演習になると述べました。演習は発表されていません。

米軍兵士は、昨年8月に南スマトラ州バトゥラジャにあるインドネシア陸軍戦闘訓練センターで行われた合同演習「ガルーダシールド2021」の開会式に出席します。 写真: ロイター。

この発表は、先月、この地域のすべての米軍活動を監督するインド太平洋軍司令部長のジョン・アキリーノ米海軍大将がジャカルタを訪問した後に行われました。

最近の軍事協力の拡大は、米国と多くのアジア太平洋諸国との間の防衛関係の増加を示しています。

英国、フランス、ドイツなどの米国と西側諸国は、中国の海軍拡大と違法に建設された人工島に軍事前哨基地を設立することに対する緊張が高まる中、最近、南シナ海での軍事的プレゼンスと航海パトロールの自由を高めています。地域の。

ジャカルタの米国大使館の防衛協力局長であるイアン・フランシス氏は、拡大された訓練は「インドネシア軍の能力開発の継続的な勢いと他のパートナー国と協力する意欲」を示していると述べた。

「これは、米国がインドネシアとの協力的な安全保障関係を拡大していることを示している」と彼は述べた。

ホアンを見た (によると AFP)。

Mukai Mamoru

「旅行オタク。筋金入りのビールの専門家。熱心なウェブ愛好家。流行に敏感なベーコン狂信者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。