貧しい州はたくさんの車を購入します:人々は持っているものと持っていないもの、不安を感じます

ゲアン省、ハティン省、タインホア省は、2021年に最も多くの車を購入した上位10の地域に含まれています。ただし、これらは、国内で最も貧しい世帯を抱える10の州のリストにある3つの地域です。

ベトナムの特定の登録数は、ゲアン省で初めて購入され登録された9席以下の自家用車の数が14,628台で、4位にランクされていることを示しています。 タンホア10,963台(6位)、ハティン8,262台(8位)。

これら3つの州の人々でさえ、クアンニン、バリア・ブンタウ、ダナンなどの上位10地域の一部の州や都市よりも多くの車を購入しています。 2021年、クアンニンの住民は9位の7,801台の車を購入しました。 バリア・ブンタウは6,115台を購入し、16位にランクインしました。 ダナンは18位の5,132台を購入しました。

車を買うためにお金を借りますか?

少し前までは、タンホア県ドンソン区ドンソン区のホアンラップ村の人々の話でしたが、村の道路に車が停まっていて、多くの人を驚かせました。

車は田舎の村の道路に駐車されています

村全体には350世帯がありますが、町で最も貧しい人々から最も裕福な人々まで、60台の車があります。 他の州に商売をするために行ったホアンラップ村の住民の中には、財産を作り、家に投資し、車を買い、村の顔を変えて戻ってきた人もいました。

しかし、すべてがそのようであるわけではありません。 ドンプーコミューンの前会長は、車を所有するために、ホアンラップ村の多くの人々が銀行からお金を借りなければならなかったと言いました。 毛布で覆うために車を購入し、損傷を避けるためにエンジンを始動したり、車を市場に持って行ったり、家から数百メートル離れた場所でコーヒーを飲んだりするために車を取り出す家族もいます。

「怒った鶏のカラス」のせいで、村をぶらぶらして遠くまで行かない家族もいますが、村人が車を買うのを見て、走るために「ひよこ」も買うのです。 … 不快に感じます。 したがって、4億ドン近くの節約があり、「子供」ヒュンダイアクセントを購入するためにさらに2億ドン近くを引き出して借りました。 ホアンラップ村の多くの人々はこのように車を所有しています。

最近、ゲアン省、テトナム省では、政府の飢餓を緩和するために多くの人々がまだ米を受け取っていません。 具体的には、政府が7つの省庁に輸出した11,448トン以上の飢餓救済米のうち、ゲアン省は1,140トンを占め、ニントゥアン省に次ぐ第2位である。 しかし、ゲアン省は2021年に自動車購入の点で、裕福なビンズオン省よりも上位4州にランクインしました。

2017年以来、市内で。 ヴィン、交差点や交差点でのラッシュアワーには、車の数が多いために渋滞が発生することがよくありますが、交通インフラは車の成長に追いつくことができません。 人気モデルに加えて、ヴィンの街に登場する高級車や超高級車の数が増えています。

州の貧しい人々はたくさんの車を買います:人々は高級車を運転します、私もそれを買います
国の最も貧しい州のいくつかでは、車を購入する人の数は他の地域よりも多いです(イラスト画像)。

ビン以外にも、ゲアン省の他の多くの地区や都市では、自動車購入の動きも広がっています。 近年、多くのゲアン省が他の地域で働き、海外で働き、家を建てたり、車を買ったり、生活を良くしたりするためにお金を預けました。 しかし、近所の人に負けないように、お金を借りて車を買う人もたくさんいます。

クアローのTranXuanKien氏は、彼がナムディンで遠く離れて仕事に行ったとき、両親が彼にそのような人が車を買ったと言って不安を感じたと時々聞いたと言いました。 でも、みんなおめでとうと電話したところ、買うのにお金を借りないといけないと聞いたのですが、退屈でした。

ゲアン省交通警察の統計によると、2021年12月1日(国産・組立車の登録料が50%減)から2022年1月26日までの新登録車数は5,294台。 。 2022年も、ゲアン省は引き続き国内の自動車購入者のトップに入ると予想されています。

過去2年間で年間40〜50%の高い成長率を示していることから、現在国内で新興自動車市場と見なされているハティンについて。 遠くで働く人々に加えて、送金のために海外で働きに行く、最近ハティンで多くの投資プロジェクトがあり、多くの地区の地価は「熱狂的」です。 したがって、土地を売る多くの家族は車を買うお金を持っています。 また、他の人に「不快感」を与えたり、お金を借りて車に「投げる」人もいます。

ハティン省統計局のデータによると、2022年2月には、旧正月の休みにもかかわらず、乗用車の売上高は3,070億ドンを超え、2021年の同時期と比較して30%近く増加しました。

特に、ハティン市の税務局であるCam Xuyenは、今年の最初の2か月で、2021年の同時期と比較して74%近く増加した760台の登録料を徴収したと述べました。

州の貧しい人々はたくさんの車を買います:人々は高級車を運転します、私もそれを買います

2022年2月にハティンにあるToyotaPhuTai Ducの自動車販売店は、あらゆる種類の車両を約200台販売する契約を締結し、2021年の同時期と比較して50%以上の売上増を達成しました。昨年、この販売店は1,000台以上のトヨタを販売しました。ハティンの住民のための車、大都市の多くのディーラーにとって夢の数。

夢の「運転手」

統計によると、今日最も税負担が大きいのは、9席以下の自家用車です。 自家用車には、輸入税、物品税、付加価値税の3種類の税金が課せられます。 これらはすべて間接税であり、自動車の購入者が支払う必要があります。 さらに、これらの3つの税金も相互に課税されるため、車種にもよりますが、通常は販売価格の30〜50%に相当します。

計算によると、ベトナムで組み立てられた自動車の工場出荷時の価格は5億ドンで、部品に0%の優先輸入税が課せられ、40%の物品税と10%の付加価値税を支払うだけで済みます。 これら2つのアカウントは2億7000万ドンに達しました。 さらに、自動車の購入者は、地域に応じて販売価格に基づいて計算された追加の10〜12%の登録料を負担する必要があります。これには、他の料金は含まれません。

計算すると、ベトナムの自動車の価格はタイやインドネシアのような国のほぼ2倍であり、この数は米国、日本のような先進国のそれよりもさらに大きいです…豊かな州で、高所得の中所得は以上です1億5000万VND/人/年、まだ手の届かないところにあり、5億VNDの車を買うのに十分なお金を稼ぐために約4年間断食しなければならない、貧しい州の平均収入は約7000万VND/人/年です。 車が大好きです。

金持ちになって生活を改善するのは良いことだと考える人もいます。 しかし、人々に「はい」のために車を買うためにお金を借りる、注意してください、彼は「持続的に貧しい」でしょう。

トラントゥイ

意外にも、ベトナムの貧しい人々はベトナムの頂上で車を買う

意外にも、ベトナムの貧しい人々はベトナムの頂上で車を買う

2021年、ハノイはホーチミン市やハイフォンなどの次の地域をはるかに上回り、自動車購入の主導権を握り続けています。 最も驚くべきことに、ゲアン省の貧しい人々は…個人の自動車購入者のトップ4にランクインしました。

Mukai Mamoru

「旅行オタク。筋金入りのビールの専門家。熱心なウェブ愛好家。流行に敏感なベーコン狂信者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。