誘拐された娘の「地獄の家」で9年

日本佐野房子さん(9)は、暗室で9年以上拉致被害者と一緒に暮らすことを余儀なくされ、激しい拷問を受け、救助されたときの体重は38kg未満でした。

佐野家は新潟県三条市に住み、山に囲まれ海に近い。両親。 しかし、1990年11月13日、家族は房子が学校から帰ってくるのを永遠に待ちました。

午後6時30分、房子の親友である先生と数人の親に電話をかけたが、誰も何も知らなかった。 ふさこさんの両親は帰りに急いで探しに行った。 この道路は通常無人で、暗くなるほど人が少なくなります。 ふさこさんはどこにも見つからず、午後7時45分に警察に通報。

警察はすぐに捜査を開始した。 しかし、通りには監視カメラがなく、不審な痕跡はなく、行方不明者が行方不明になったとき、警察は房子を見つけることができなかった。

数日以内に、当局は調査を支援するために数百人の追加の従業員を動員しました。 失踪者の通知は三条町のいたるところに掲示されましたが、役立つ手がかりはありませんでした。

11月19日、警察は1週間捜索した後、徐々に数を減らし、犠牲者が負傷したと判断した。 時が経ち、事件は行き詰まり、終結し、房子の両親だけが子供を見つけることに固執した。

孫娘佐野房子。 写真: kknews

ターニングポイントはほぼ9年後に来ました。 73歳の女性は、息子の佐藤信之に何度も殴打されたと語った。 彼女は、1996年1月1日、2000年1月12日、2000年1月19日の息子の暴力行為を病院と警察に報告しましたが、誰もそれに対処するために来ませんでした。

彼女はほぼ毎日殴打され、スタンガンで撃たれ続けたので、彼女は再び病院に助けを求めた。 2000年1月28日、医療関係者が佐藤さんの家に行って話をしましたが、返事がありませんでした。 彼らは2階の佐藤の部屋に上がることに決め、彼は狂ったように反応します。 5人のエージェントがチームを組んで佐藤を鎮圧し、鎮静剤を注射して病院に連れて行った。

この時点で、彼らはベッドの毛布の下で何かが動いているのを見つけ、それをひっくり返し、骨のある細い女の子を発見しました。 スタッフは、1990年に彼女の名前を言ったときに姿を消したフサコの女の子であると認識しました。

警察の前で、フサコは学校の近くで誘拐され、男に車に引きずり込まれ、閉じ込められたと言った。 9年以上の間、彼女はこの家から出ることを許されませんでした。 レイプされたり性的虐待を受けたりしていない。

2週間後、佐藤容疑者が逮捕された。 調査中に、日本に衝撃を与えた事件の多くの詳細が発表されました。

ふさこ刑務所。 写真:AP

ふさこ刑務所。 写真: PA

佐藤信之は、三条市から50キロ離れた柏崎市の中流階級の家庭に1962年に生まれました。 佐藤が生まれたとき、父親は62歳、間もなく引退するタクシー会社の幹部、母親は35歳で保険業界で働いていた。 一人息子を絶えず愛する夫婦は、佐藤を手に負えない利己的なものにしている。

佐藤は年配の父親のせいで、クラスメートにからかわれることが多く、論争や喧嘩を引き起こしている。 佐藤の性格は、見知らぬ人や彼の両親に対してさえ、ますます暴力的になっています。

佐藤は高校卒業後、自動車修理店に勤めた。 しかし、初日は汚れを恐れて仕事を辞め、それ以来二度と仕事をしていません。 佐藤は家の2階に孤立して住んでおり、他の人との接触を制限しています。

1989年、佐藤の父は息子に家から追い出された後、療養所で亡くなりました。 近所の人は、佐藤がドアを壊し、窓を壊し、母親を殴り、顔を傷つけたと報告した。

佐藤容疑者は1989年6月、フサコを誘拐する前に逮捕され、別の少女を誘拐した罪で起訴された。 佐藤容疑者は初犯で懲役1年の判決を受けた。

学生時代と捕らえられた佐藤信之。 写真:今日頭条

学生時代と捕らえられた佐藤信之。 写真: 今日頭条

1990年11月13日午後5時ごろ、佐藤は房子が高速道路を歩いているのを見た。 彼は彼女に近づき、ナイフで彼女をコントロールし、話さないように脅し、そして彼女を車のトランクに引き込み、ダクトテープで彼女の手と足を縛り、彼を目隠しした。 佐藤さんは「可愛くて寂しい」という理由で房子を選んだそうです。

佐藤は少女を家に連れ帰り、密かに裏口から寝室に連れて行き、母親の前に戻ってきたふりをして玄関を歩き回った。 彼は、母親が以前に自分の部屋に入るのを禁じていたので、母親が2階に来ないことを知っていました。そして、母親が何か悪いことをするのを見ると暴力的になります。

佐藤は房子に部屋を出ないように脅し、殺すと死体を山に投げたり海に投げ込んだりする。その後9年2ヶ月間、房子は佐藤と暗い部屋に住んでいた。 最初の3か月間、彼は彼女の手と足を結びました。 佐藤に反応しなかったり、逃げたり、ベッドから出ようとしたりするたびに、殴打された。 彼はしばしばスタンガンを使って彼女を拷問し、少女に怒りをぶつけた。 ふさこさんは、1日1回の食事しか与えられず、ほぼ10年に1回しか入浴していません。 少女は黄疸に苦しみ、体重が46kgから38kgに減少し、栄養失調のためにしばしば気を失い、手足が萎縮したため、歩行も困難でした。 佐藤は房子にラジオを聞かせ、独学で勉強するように教えた。

時々、フサコはドアの鍵を開けたまま部屋に一人で残されますが、逃げることはありません。 房子容疑者は警察に「怖くて逃げられず、だんだん元気がなくなった」と話した。

心理学教授の依田晃氏によると、彼女は佐藤の命令に従わざるを得なかったという。 「彼女は肉体的に投獄されているだけでなく、彼女の魂も鎖でつながれています」と東京の東洋大学の犯罪社会学者である岩井弘融は言います。

佐藤の母親は、家の中にフサコがいることに気づいていないと言った。 しかし、彼女は定期的に2人分の料理をし、フサコの生理用ナプキンを購入したと伝えられています。 しかし、警察は2階で彼の指紋や特定の証拠を見つけられなかったため、起訴することはできませんでした。

2000年2月10日、佐藤はフサコの誘拐、暴行、拘留の罪で起訴された。 彼は運転免許証を持っており、競馬の賭けに頻繁に参加しているので、警察は佐藤が裁判に耐える精神的健康と行動能力を持っていると信じています。

佐藤容疑者が有罪を認めた後、裁判所は彼に懲役14年の判決を言い渡した。 佐藤は2015年に釈放され、社名を変更して千葉県に移りました。 彼は2017年に社会福祉センターで病気で亡くなりました。

房子の拉致は地元警察から広く批判された。 佐藤は前科を誘拐した少女がいたが、犯罪者としてリストされておらず、容疑者とは見なされず、房子が失踪したときに尋問されなかった。 房子さんの救助中、新潟県警は事件を監視するために駅に立ち会わず、地方警察署長と麻雀をしに行った。 両方とも2000年2月末に辞任しなければなりませんでした。

救出された後、フサコは心身の健康を取り戻すのに何年もかかりました。 彼女は運転免許証を持っており、写真を撮るのが好きで、農業で家族を助けています。

マーアン (によると 平均新潟日報アサヒ)。

Muramoto Hisoka

「熱心な思想家。アマチュアの読者。どこにでもいる動物の友達。作成者。典型的なウェブ狂信者。音楽のスペシャリスト。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。