津波で失踪した少女のジャージを守る11年

日本小野は、11年前の地震と津波で姿を消した娘の光琳の記念品であるピンクのシャツをいつも持っています。

2011年3月11日に東日本で発生した地震と津波の二重災害では、宮城県気仙沼市にある小野直さんの実家が津波に襲われ、6歳の娘の光琳も姿を消しました。 それ以来、小野菜保は娘のピンクのコートを寝ている​​間ずっと脇に置いてきました。

コーリンの笑顔はまだ小野の心に刻まれていた。 少女はよく「お母さん、靴を片付けるべきだ」「かばんを入れた?」などの母親のことわざを真似します。 少女はイチョウの葉が大好きですが、松ぼっくりを恐れており、母親が額をなでるといつも笑顔になります。 しかし今、彼女は絵のフレームで女の子の顔に触れるたびに、冷たくて硬いガラスしか感じることができません。

小野菜保は2月5日、宮城県気仙沼市で娘のシャツを抱きしめます。 写真: 読売。

幼い頃、小野は故郷の気仙沼を離れ、宮城県外の大学に通いました。 彼女は卒業後東京に移り、20歳で結婚した。 不妊治療に成功した後、小野は妊娠したが、結婚生活は崩壊した。

夫と離婚した彼女は、気仙沼市の実家に戻り、30歳の女児を出産した。 赤ちゃんの体重はわずか2.2kgです。 小野の母忍は、彼を「光琳」と名付けることを提案した。

保険代理店としての仕事を終えた後、オナは娘を買い物に連れて行くことがよくあります。 コーリンが幼稚園に入る前、小野さんはコーリンの好きな色であるピンクのバニーイヤージャケットを着やすいと思ってオンラインで注文しました。 小野が予想したように、赤ちゃんコーリンはほぼ毎日それを着ていました。

2011年3月11日、JR気仙沼駅近くで小野さんが同僚と昼食をとっている最中にひどい震えが発生しました。 彼女はすぐに家に電話した。

「祖母とコーリンは元気です」と彼女の祖母は答えました。 小野は後ろでコーリンの声をかすかに聞いた。「お母さん、いつ帰ってくるの?」。 彼女が娘の声を聞いたのはこれが最後だった。

帰り道、津波が街を襲ったとき、小野の車は水没した。 彼女はすぐに車から降りて家の屋根に登り、そこで夜を過ごしました。

海から数百メートルのところにある小野の家は流された。 両親のマサトさん(64)と忍さん(63)の遺体は後に発見された。 しかし、その年の4月に新入生になるはずだったコーリンはまだ行方不明でした。

その後、小野は知人と一緒に数ヶ月間定期的に遺体安置所に行き、娘を探す。 痛みがほとんど耐えられなくなったとき、彼女は失われた店で、ほとんど元に戻されたボタンのあるコートを見つけました。

「コーリンのシャツ」小野はシャツのほこりを振り払い、膝に抱きしめた。

赤ちゃん光琳はきらめく石が大好きで、かつて母親に近所に店を開きたいと言ったことがあります。 娘の夢を実現させた小野は、2013年3月10日、古民家の土台の上に天然石のブティックをオープンしました。 彼女は店にCallingという名前を付け、女の子の名前のように発音しました。

小野はその後、気仙沼町の再建を手伝いながら来店する大野大と出会う。 二人は7年前に結婚し、仙台市に住んでいます。

仙台の自宅では、小野は娘のコートを着て夫とよくおしゃべりをします。 彼女はシャツの前にジュースとおやつを入れて、「今日は寒いです、お腹が空いていますか?」とささやきました。 「食べて、子供」彼女の夫は笑顔で続けた。

小野さんは、娘がいなくても安心して暮らせるようになったそうです。

何年経っても小野はいつも光琳を覚えて愛している。 今、彼女は娘に「お母さんは笑顔で人生を送っているので、娘を心配しないでください」と言うことができます。

デューク・チュン (によると ジャパンニュース)。

Mukai Mamoru

「旅行オタク。筋金入りのビールの専門家。熱心なウェブ愛好家。流行に敏感なベーコン狂信者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。