日本:非接触型決済、マスクを外す必要はありません

日本の電子決済プラットフォームBioPayの開発者であるGloryは、顔認識技術を適用して、ユーザーがマスクを外さなくても「ハンズフリー」で買い物や支払いができるようにしました。

日本のテクノロジー企業は、新潟市の10店舗で非接触型決済システムBioPayをテストしています。 この支払いプラットフォームは、ユーザーが公共の場でマスクを着用しなければならない流行シーズン中の顔認識の問題を解決します。

新技術をテストする10店舗のチェーンは、日本の沿岸都市に「ハンズフリーショッピングストリート」を構築するグローリーの試みです。

新潟市長の中原八一市長は、町のカフェで技術を実験した後、「想像以上にスピードが速い」と語った。 「高度なテクノロジーが日常のサービスに直接もたらす便利さを人々に体験してもらいたい」と語った。

BioPayを使用するには、ユーザーは顔認識とクレジットカード情報をオンラインで登録する必要があります。 タブレット経由での支払いは数秒で完了します。

大阪の近畿大学など他の場所でも試験が行われています。 日本がこの新技術をさまざまな場所で皆のためにテストするのはこれが初めてです。 栄光と地方自治体は、取引をより効率的かつ便利にするために、企業がデジタル化することを奨励したいと考えています。

グローリーは、積極的なフィードバックをもとに、新潟に従業員のいない店舗を建設し、新しい識別技術を使用して、店舗に出入りする顧客を監視することを計画しています。

Gloryは、1918年に設立された長年の会社であり、以前は電球修理機器のメーカーでした。 現在、同社は世界100か国以上でレジを製造し、銀行や小売業者向けの決済サービスを開発しています。

BioPayを初めてご利用のお客様には、参加店舗でプレゼントを差し上げます。 BioPayプラットフォームのパイロットプログラムは、2022年2月まで継続されます。

Vinh Ngo(テオ日経)

9月と10月にキャッシュレス取引が急増

9月と10月にキャッシュレス取引が急増

過去2か月間、多くの地域でのデジタル決済トランザクションは、同期間に急激に増加しました。

Sakamoto Suzu

「ビールの第一人者になりたい。テレビ中毒者。完全なインターネット忍者。受賞歴のある主催者。誇り高い起業家。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。