日本:併用ワクチン接種はCOVID-19に対する抗体を高めるのに役立ちます

製薬会社Modernaから日本の東京の人々にCOVID-19ワクチンを投与する医療スタッフ。 写真:AFP / VNA

この研究には、ブースターショットの対象となる3,599人の医療従事者が参加しました。 最初の2回の投与では、これらの医療従事者全員にファイザーのCOVID-19ワクチンが接種されました。 3回目の接種では、2,826人がファイザーのワクチンを接種され、残りの773人はモデルナのワクチンを接種されました。 次に、日本の科学者は、注射の直前と追加免疫を受けてから1か月後の、2つの時点で抗体レベルを比較し、2つのワクチンを組み合わせた場合の副作用を監視しました。

正確な研究結果を得るために、日本の科学者は3,599人の医療関係者から、SARS-CoV-2ウイルス感染によって生成された抗体を持たない699人を選択しました。そのうち、396人がファイザーワクチンを接種し、233人が現代のワクチンを接種しました。ワクチン。 研究の結果、平均抗体濃度はファイザーワクチンを接種した人で54.1倍、モデルナワクチンを3回接種した人で67.9倍に増加したことが示されました。これは、ファイザーワクチンとモデルナワクチンの組み合わせによる注射の結果を示しています。ファイザーワクチン単独よりもSARS-CoV-2ウイルスに対する抗体の量が増加しました。

併用注射の副作用について詳しく知るために、日本の科学者はファイザーワクチンを受けた2,626人とモデルナワクチンブースターを受けた437人を選びました。 研究結果は、ほとんどの症状が注射の1日後に現れたことを示しました。 ほとんどの場合、これらの症状は2〜3日以内に消えます。 ファイザーワクチンでブースターショットを受けた人のうち、38度を超える熱があったのは21.4%のみで、69.1%が倦怠感を感じ、55%が頭痛を持っていました。 Modernaブースターショットを受けた人の場合、38度を超える発熱率は49.2%、疲労感は78%、頭痛は69.6%でした。

研究チームのリーダーであるJuntendoUniversityの伊藤澄信教授は、ファイザーワクチンの独占使用と比較して、最初の2回でファイザーワクチンを接種した人に3回目のワクチンを投与するためのModernaワクチンの使用を結論付けました用量はファイザーワクチン抗体レベルの濃度を上げるのに役立ちますが、副作用のリスクを高めます。

Mukai Mamoru

「旅行オタク。筋金入りのビールの専門家。熱心なウェブ愛好家。流行に敏感なベーコン狂信者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です