日本行きの飛行機は子供を救うためにノイバイに引き返し、着陸しなければなりませんでした

ハノイから東京へのベトナム航空 VN 384 便は 8 月 8 日に南寧 (中国) に到着後、鼻血に苦しんでいる乗客を治療するために方向転換してノイバイ空港に戻らなければなりませんでした – 写真: TUAN PHONG flightradar24

事件は8月8日の朝、ハノイ発東京行きのベトナム航空VN384便で発生した。 飛行機は午前 7 時 35 分に離陸し、35 分間の飛行の後、飛行機は南寧空域 (中国広西省) に到着し、24A 席に鼻血を出した 10 歳の日本人の子供がいました。 この乗客は母親と妹と一緒に旅行していました。

客室乗務員チームは、飛行機の乗客に緊急支援を提供するためにすぐに調整しました。 しかし、乗客は依然として絶え間なく出血していたため、乗務員は飛行機でノイバイに戻り、地上から医療援助を受けることにしました。

通知を受け取った直後、ノイバイ空港のベトナム航空の代表者は、航空機にできるだけ早く接近するように調整する準備ができているユニットを展開しました。

着陸後、ボーイング 787 は 8 月 8 日の午前 9 時 20 分に駐機場に入りました。 乗客は、救急医療サービス、ベトナム航空のスタッフ、および乗客に同行した乗客によってビンメック病院に運ばれました。

子供たちの緊急治療が再開されたため、VN 384 便は同日午前 11 時に東京に向けて出発しました。 この事件により、フライトが 3 時間以上遅れ、フライトの他の乗客の旅行計画に影響を与えました。

ベトナム航空からの情報によると、彼は計画通りに旅行をしなかったものの、VN 384便のすべての乗客は、乗客を救助するためにノイバイに戻ることを決定した時点で、乗務員と客室乗務員の管理に対する支持を表明した.

ベトナム航空によると、8月9日の時点で、顧客の健康状態は安定しており、さらなる経過観察のために入院を続けています。

8 月 8 日のフライト VN 384 のパーサー Doan Thi Kim Tho 氏は、ベトナム航空では、乗客の安全が常に最優先事項であると述べました。 若い乗客が継続的な鼻血のために危険であるのを見て、飛行機に医者がいないのに、5時間の旅行のために東京への飛行を続けることは、赤ちゃんの健康に大きな危険をもたらします. したがって、赤ちゃんの安全を確保するために、乗務員はすぐにノイバイに戻り、赤ちゃんを緊急治療室に連れて行くことにしました。

Sonoda Kamiko

「熱心なゾンビファン。邪悪な内向性。ソーシャルメディアのスペシャリスト。筋金入りのトラブルメーカー。コーヒーメイヴン。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。