日本企業は約170人の違法なベトナム人労働者を雇用している

日本の警察は、兵庫県で168人の不法滞在ベトナム人労働者を雇用している外国人労働仲介会社を発見した。

兵庫県警視庁外務省は3月9日、西宮市にある外国人労働仲介会社のビッグスタッフが、2018年8月から現在までに合計233人のベトナム人労働者を募集し、そのうち70%以上が違法であると述べた。 。 住民。

兵庫県警は、168人のベトナム人労働者を採用するという同社の行為は移民法に違反していると判断した。

神戸市兵庫県警察本部。 写真: 産経ニュース

昨年半ば、神戸市東灘の食品加工工場に23歳から35歳までの3人のベトナム人不法居住者が連れてこられて以来、ビッグスタッフカンパニーが脚光を浴びている。

日本の警察は後に、偽の外国人のカードを持って不法に滞在している多くのベトナム人労働者を発見した。 ビッグスタッフカンパニーは、ベトナム人住民を雇うというこの違法行為は、採用スタッフの過ちによるものだと考えています。 51歳の求人エージェントが捜査のために逮捕されました。

兵庫県警は事件ファイルを検察に転送した。 1月、兵庫県警察はまた、違法居住の疑いで3人のベトナム人ビッグスタッフ労働者を逮捕した。

日本厚生労働省によると、2020年10月現在、約444,000人のベトナム人労働者がこの国に住み、働いており、そのうち約15,500人が違法居住者です。 。

日本政府は、ベトナム人インターンが同僚に虐待されたとして告発された後、2月に建設会社SixCreateからの外国人インターンを受け入れる許可を取り消した。

41歳のベトナム人研修生は2019年秋に日本に到着し、約1か月後に拷問を受け始め、骨を折るほどになりました。 ビデオは、彼が同僚に殴られて蹴られ、ほうきで頭と体を殴られ、標準的な日本語を話さないことで彼を叱る様子を示しています。

彼は建設会社と証券会社に謝罪と補償を求めた。 入国管理局は、ベトナム人男性を虐待した同僚に対する刑事告発と、岡山に本拠を置く労働仲介会社に対する法的措置を検討しています。

デューク・チュン (によると ヤフージャパン)。

Mukai Mamoru

「旅行オタク。筋金入りのビールの専門家。熱心なウェブ愛好家。流行に敏感なベーコン狂信者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。