日本はMuバリアントの最初の2例を検出しました

人々は日本の東京の街を歩いているときにCOVID-19の発生を防ぐためにフェイスマスクを着用します。 写真:AFP / VNA

日本の厚生労働省(MHLW)は、以前に収集された患者サンプルの遺伝子構成の研究中に、日本の保健当局は、アラブ首長国連邦(UAE)からの女性が6月下旬に成田空港に到着したことを発見したと述べたそして7月上旬に羽田空港に到着した英国からの別の女性は両方とも厚生労働省の亜種に感染していた。

公共放送NHKは、国立感染症研究所(NIID)の脇田隆字事務局長が、多くの新しい亜種が確認されていると述べたと述べたが、他の亜種よりも伝染性が高いものには注意が必要である。

以前、8月31日、WHOは、ワクチンの効果を逆転させることができる変異を持っているため、「関心のある変数」のリストに、Muバリアントとしても知られるB.1.621バリアントを含めました。 Mu変異体は、2021年1月にコロンビアで最初に発見されました。現在までに、この変異体は、南米とヨーロッパを含む少なくとも39か国で確認されており、世界のCOVID-19症例の0.1%未満を占めています。日本放送協会。 ただし、コロンビアの割合は39%です。 WHOは、この亜種の特徴をよりよく理解するには、さらなる研究が必要であることを強調しました。

ブリュッセルのベトナム通信社の特派員は、ベルギーのルーヴァンカトリック大学(UCLouvain)のウイルス学者Jean Ruelleを引用し、Mu変異体は問題ではなく、Delta変異体のように広範囲に感染することはないようだと述べた。 彼によると、MuバリアントがDeltaバリアントとともに出現する国では、コロンビアでもDeltaバリアントが優勢です。 現在、デルタバリアントよりも伝染性の高いバリアントはありません。

ベルギーでさえ、Mu変異体は、6月と7月に何度も検出され、特に数人が死亡したばかりのナーシングホームで、感染の小さなクラスターを形成しました。 しかし、死者はすべて高齢者であり、ワクチンがまだ十分な免疫を生み出していない間、免疫システムは弱いので、これは珍しい現象と見なされるべきではありません。 Ruelle氏によると、Muバリアントは、輸入された症例に応じて侵入し、局所感染を引き起こす能力を持っています。

デルタ変異体との主な違いを説明して、ルエルはそれがSタンパク質と他のタンパク質の突然変異に関連した違いであると言いました。 専門家は、ワクチンが入院と死亡を減らすのにまだ95%以上効果的であると指摘しました。 ウイルスはまだ進化しており、さまざまな亜種を作成していますが、この感染は、最も弱い患者を除いて、ワクチン接種を受けた人々では軽度です。 この間、ワクチン未接種の人々は依然として重篤な病気を発症するリスクがあります。

現在、WHOはSARS-CoV-2ウイルスの4つの亜種を「心配」として分類しています。これには、193の国と地域に出現するAlpha亜種と、170の国と地域に出現するDelta亜種が含まれます。 Muバリアントを含む5つのバリアントが追跡されています。

Sonoda Kamiko

「熱心なゾンビファン。邪悪な内向性。ソーシャルメディアのスペシャリスト。筋金入りのトラブルメーカー。コーヒーメイヴン。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。