日本はCOVID-19の症例が急増するリスクに直面しています

日本の東京では、人々はCOVID-19感染を防ぐためにマスクを着用しています。 写真:AFP / VNA

東京と大阪の市長は最近、新たに確認された住宅の発生を含むオミクロンの亜種の症例が増える中、年末に大規模な集会を避けるよう人々に促した。大阪での引退。 保健当局は、旅行者が出発前に無料のCOVID-19検査を受けることを推奨しています。これは、都市の人口の大規模な移動により、ウイルスが地方に広がる可能性があることを恐れています。

疾病予防管理センターの所長であり、東京都の最高医療顧問である大間典典夫氏は、最大のリスクは、適切なエピデミック予防策を講じずに人々が接触することであると述べた。 さらに、オミクロン変異型感染後の軽度の病気に関する情報により、人々は病気になる前に主観的な精神を持っています。

年末年始は日本で一年で最も忙しい旅行時間です。 公共放送NHKの画像は、東京の主要空港が人でいっぱいになっていることを示し、高速道路のデータは、首都から南西に向かう長さ39kmの混雑した交通を示していました。

ジジ通信社によると、これまでのところ、日本は8つの州のコミュニティでオミクロン変異型感染の症例を検出しています。 京都大学の西浦博教授は、来月初めまでに、オミクロン変異に関連する感染数が大阪のCOVID-19症例の90%を占めると予測しています。 オミクロンの亜種がより速く広がり、ワクチンを「バイパス」する可能性があるという懸念から、岸田文雄首相はリコールのプログラムを強化し、厳格な国境制限を維持するようになりました。 。

過去数週間で、日本では新しいCOVID-19の症例数が着実に増加しています。 12月28日だけでも、日本は全国で385件の追加感染を記録しました。 しかし、深刻な症例と死亡の数は依然として少なく、日本は人口の80%近くに完全にワクチンを接種しています。 今月、日本はCOVID-19による28人の死亡を記録しました。これは、2020年7月以来の最低月間レベルです。

統計サイトworldometers.infoによると、12月29日の時点で、日本はCOVID-19による170万件以上の感染と18,389人の死亡を記録しています。

Mukai Mamoru

「旅行オタク。筋金入りのビールの専門家。熱心なウェブ愛好家。流行に敏感なベーコン狂信者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。