日本はCOVID-19の治療のための経口薬の配布を開始します

モルヌピラビルは、アメリカの製薬会社メルクによって製造された抗ウイルス薬です。 写真:AFP / VNA

日本の厚生労働省(MHLW)は、深刻なリスクの拡大を防ぐために、製薬会社Merk(USA)のモルヌピラビルがCOVID-19の患者を治療するために地方に正式に配布されたと述べました病気と死。

12月27日午後、モルヌピラビルの最初の3箱が東京都郊外の西東京市に配達されました。

この薬は、軽度または中等度のCOVID-19の18歳以上の患者で、4錠/時間、1日2回、5日間服用して5日間病気になっている患者の治療に使用されることが期待されています。

人々は家や薬局で薬を飲むことができます。 在宅治療の場合、医療機関は患者の自宅に最も近い薬局に処方箋を送ります。 薬剤師からの指示を受けた後、薬剤師に届けられます。

しかし、厚生労働省はまた、日本で最初に使用されたため、モルヌピラビルの副作用と有効性に関する情報はまだ限られていると述べました。 したがって、同省は、政府がこの薬の正確なデータ評価システムを導入するのを助けるために、人々が薬を服用した後に積極的に再検査することを推奨しています。

12月24日に発表されたMHLWの発表によると、原則として、モルヌピラビルの使用は、患者に癌、慢性腎臓病、肥満、糖尿病、ダウン症、心臓病、肝硬変を悪化させる可能性があります。

以前、日本政府は、日本の製薬会社Merkの子会社と、同国で軽度および中等度のCOVID-19の患者を治療するために使用される160万コースのモルヌピラビルを提供する契約を締結しました。 具体的には、日本は今年末にモルヌピラビルを20万コース、その後2月と3月に毎月20万コースを受講する。 次のフェーズでは、日本とメルクの間の転送時間の合意に従って、日本は100万の追加コースを受け取ります。

Mukai Mamoru

「旅行オタク。筋金入りのビールの専門家。熱心なウェブ愛好家。流行に敏感なベーコン狂信者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。