日本は防衛相を交代させる可能性がある

日本の岸田首相は、8月10日の内閣改造で岸防衛大臣の後任になると予想されている、と日本のメディアが報じた。

8月10日の内閣改造で岸信夫防衛相が健康上の理由で交代することが決まった。 読売新聞 今日言った。

63 歳の岸氏は、2020 年 9 月から日本の防衛大臣を務めています。彼は、7 月上旬に暗殺されて亡くなった安倍晋三元首相の弟です。

岸信夫防衛相は6月15日、東京の国防省に到着。 画像: ロイター.

当初の計画によると、内閣改造は安倍首相の没後 49 年後の 9 月初旬に行われる予定でした。 日本の岸田文夫首相は、新型コロナウイルス感染症の新たな発生と台湾島に関連する緊張の高まりの中で、リーダーシップチームを強化するためにスケジュールを早めることを決定しました。

林芳正外相、松野博一官房長官、麻生太郎自民党副議長、茂木利光総書記は留任する見通し。 岸田氏は8月8日に自民党幹部会を招集し、新職員の任命について話し合う予定だ。

自民党と連立パートナーの公明党は、7 月 10 日の選挙の後、日本の上院で選出された 125 議席のうち 75 議席以上を獲得し、過半数を占めました。 この勝利は、自民党の勢力を強化し、岸田氏を「黄金の 3 年」、つまり日本が次の選挙を行わない期間に突入するためのより良い立場に置くことになるだろう。

そんな中、最近の調査結果は 共同通信 岸田氏の内閣支持率は51%まで落ち込み、2021年10月の公開以来最低となった。

タムのように (従う ロイター、ジャパンタイムズ)

Muramoto Hisoka

「熱心な思想家。アマチュアの読者。どこにでもいる動物の友達。作成者。典型的なウェブ狂信者。音楽のスペシャリスト。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。