日本は米国や中国と量子コンピューターをめぐって競争

米国と中国は量子コンピューティング技術で世界をリードしていますが、日本もこの分野での自律を目指しています。

によると 日経、日本は現在、大学での基礎研究に力を入れていますが、スタートアップ支援策をさらに進めていきます。 これを達成するために、1月24日に、量子コンピューティングの専門家のグループが作成され、目的を定義し、戦略を概説しました。 計画の内容は6月に政府によって承認されるべきである。

日本の理化学研究所の量子コンピューターのプロトタイプ。 写真: 柏原隆樹

日本の企業は、量子暗号を使用して高度なセキュリティでデータを送信してきました。 特に、東芝、NEC、野村ホールディングスは1月中旬に、証券取引で使用されるデータ伝送技術の適用に成功したと発表しました。

しかし、量子技術を幅広いアプリケーションに導入する際の障壁はコストです。 量子暗号化には、高価な専用機器が必要です。 改善するために、日本政府は研究開発を支援し、市場を促進するために減税を検討します。

また、日本は、光子検出器などの量子エンコーダの製造を、外部に依存するのではなく、国内で行うようになります。 他のコンポーネントのサプライチェーンを構築することも国の優先事項です。

量子コンピューティングには、プロセッサ、制御および測定機器、生産ラインなど、さまざまなテクノロジーが必要です。 「あらゆる面で競争力を獲得することは大きな課題です」、 日経 コメント。

アメリカや中国に追いつくのが難しい

2021年12月のハーバード大学の報告によると、米国は量子コンピューティング、量子通信、および量子センシングの3つの分野である量子科学(QIS)をリードしています。 しかし、中国は徐々に追いついてきており、一部の小さな地域でも追い越しをしています。

からの2021年半ばの統計 Valuenex は、中国が量子技術に関連する3,000以上の特許を保有していることを示しています。これは、米国の2倍、日本の3倍です。

中国は北京と上海の間に約2,000キロメートルにわたる量子通信ネットワークを立ち上げており、今後も拡大を続けることが見込まれています。 日本総合研究所(JRI)の専門家である金子祐介氏は、「暗号化技術の開発により、量子国としての中国の地位が強化されると感じている」と語った。

一方、アメリカの強みは民間部門のイノベーションにあります。 2019年、Googleは、53量子ビット(キュービット)のSycamoreプロセッサで量子超越性を達成したと発表しました。このプロセッサは、スーパーコンピューターが10、000年後に3分で実行する必要のある計算を処理できます。

アマゾンのクラウドコンピューティングビジネスであるアマゾンウェブサービスも、量子コンピューティング研究センターを開設する計画を最近発表したときに市場に参入しました。 世界で最も強力な量子コンピューターを搭載したQuEraや昨年4億5000万ドルを調達した光量子コンピューティング企業であるPsiQuantumなど、他のスタートアップも準備ができています。

慶應義塾大学量子コンピューティング研究員の竹岡正博氏は、「米国の民間企業が量子技術の市場投入を先導しており、政府はコアの強み、開発、長期的な人材育成の構築に関与している」とコメントした。

実際、米国は2018年から国家量子戦略を定義し、5年間で13億ドルを投資する法律を可決しました。 中国はまた、安徽省に100億ドルの研究所を建設するなど、量子の促進を促進するための全国的な取り組みを行っています。

日本のコンピュータソフトウェア開発会社であるQunaSysのCEOであるTenninYanは、次のように述べています。 。

日本は2022年に量子技術への投資を2倍の800億円(7億ドル)にしたが、米国や中国に追いつくには長い時間がかかるだろう。 日本政府高官は、「国の資金だけに頼って世界を制覇することは不可能だ」と認めた。 この人物はまた、デジタルセグメントで起こったように、スタートアップが取り残されたくない場合にスタートアップをよりよくサポートするために、民間セクターから投資資金を引き付ける政策を求めた。

バオラム (によると 日経アジア)。

Tsuda Asami

「コーヒーの専門家。謝罪のないツイッターの第一人者。熱心なテレビ学者。インターネットの先駆者。アルコールの擁護者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。