日本は未だにフロッピーディスクを使用している

日本の政府機関の多くは、文書をフロッピー ディスクにファイルまたは保存することを今でも要求していますが、この問題はすぐに解決する可能性があります。

「フロッピー ディスク、CD、MD (ミニディスク) などのディスクをビジネスで使用するために必要な政府の手続きは、約 1,900 あります。適用するかどうかを決定します」と、日本のデジタル大臣である河野太郎氏は Twitter に書きました。 「オンラインストレージに置き換えることで、この規制を調整します。」

河野氏は政府の新たな決定を「フロッピーディスクに対する宣戦布告」と呼んだ。

フロッピー ディスクは、とうの昔に姿を消した記憶装置です。 画像: 地下鉄

先週の週半ばの記者会見で、河野氏はまた、同国が他の時代遅れの技術を長期にわたって使用していることを批判した. 「私はファックス機をなくしたいと考えており、ずっとそうするつもりでした」と彼は言いました。 次に、ストレージ デバイスについて尋ねました。

フロッピー ディスクは 1960 年代から存在していましたが、長い間 “死んで” おり、より効率的なストレージ ソリューションに取って代わられていました。 統計によると、新しいフロッピー ディスクが 20,000 枚必要で、これは 32 GB のメモリ カードに相当します.しかし、日本の多くの政府システムは依然としてこのタイプのディスクを使用しており、他の機関は文書を提出したりデータを保存したりする必要があります.

日本は依然として技術大国と見なされています。 ただし、によると、 BBCこの国がフロッピー ディスクに忠実な理由はたくさんあります。保守的なイデオロギー、テクノロジーより先に変化を拒否することなどです。

日本が時代遅れの習慣に注目したのはこれが初めてではない。 2018年、桜田義孝サイバーセキュリティ大臣は、コンピューターを使用したことがなく、従業員にタスクを割り当てることが多かったことを告白して衝撃を与えました. 2019年、国はポケットベルメッセージングサービスも閉鎖しました.

日本だけでなく、フロッピー ディスクは軍用システムで使用されていましたが、近年は廃止されました。 2016 年、米国政府会計局 (GAO) は、米国国防総省がまだ国内の原子力システムでフロッピー ディスクを使用していると述べました。 IBM シリーズ 1 コンピューターは、1976 年に 8 インチのフロッピー ディスク ドライブを搭載して初めて導入され、数十年にわたって使用され続けました。

バオ・ラム (従う BBC)

Sakamoto Suzu

「ビールの第一人者になりたい。テレビ中毒者。完全なインターネット忍者。受賞歴のある主催者。誇り高い起業家。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。