日本はロシアからの石炭の輸入を停止する予定

東京はまた、モスクワに対する制裁を受けて代替物資を探しています。 さらに、この決定はまた、日本のエネルギー輸入政策の潜在的な変化を浮き彫りにしている。

萩生田浩一大臣は、メディアからの質問に応えて、2021年までにロシアからの石炭の輸入を停止するよう努めると述べた。しかし、供給をすぐに見つけることは依然として非常に難しい。

ロシア、シベリアのチェルニゴフスキー露天掘り鉱山の石炭積込み機。 写真:ロイター。

政府のデータによると、ロシアからの石炭輸入は、2021年の日本の総石炭輸入の約11%を占めています。さらに、ロシアは、日本の5番目の原料および液化天然ガス(LNG)の供給国でもあります。

米国エネルギー情報局(EIA)のデータによると、日本は消費する石炭のほぼすべてを輸入しており、インドと中国に次いで3番目に大きな輸入国となっています。

「代替の供給源がすぐに見つからなければ、発電用の石炭の供給を確保するのは難しいだろう」と萩生田氏は語った。

日本は、G7がウクライナでの民間人虐殺の疑いに応えてロシアに対する追加の制裁を約束する声明を発表した後、米国および欧州諸国との行動を調整する予定です。

4月7日、岸田文雄首相は、4月8日以降、ウクライナでの軍事作戦に対してロシアに対する制裁措置を追加すると述べた。

ロシアがウクライナを攻撃した後、日本は、モスクワをSWIFT国際決済ネットワークから撤退させることから、中央銀行の資産を凍結することまで、制裁を強化しました。

さらに、日本はロシアの役人、金融業者、銀行、その他の機関の資産を凍結し、ロシアへのハイテク輸出を禁止しました。

Sakamoto Suzu

「ビールの第一人者になりたい。テレビ中毒者。完全なインターネット忍者。受賞歴のある主催者。誇り高い起業家。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。