日本はラムダ変異体に感染した最初の患者を登録しました

8月6日のジャパンタイムズは、日本の保健省当局者によると、ラムダ変異体に感染したその国の最初の患者は30歳前後の女性であり、8月20日にペルーから日本に帰国したと述べた。 特に、羽田空港でのこの人の検査結果は、患者に症状がなかったにもかかわらず陽性でした。 その後、国立感染症研究所が分析を行い、この患者がラムダ変異体に感染していることを確認しました。

日本がラムダ亜種の最初の症例を発見したのは、100万を超えるCovid-19の症例の記録(8月6日現在)の真っ只中にあります。 ロイター通信によると、東京などの流行のホットスポットでは、患者数が増え続けているため、現在多くの病院が過密状態になっています。 パンデミックの拡大を防ぐために、日本は最近、制限措置を特定の地域に拡大することを決定しました。これは今月末まで続くと予想されています。 8月7日、日本政府は、ワクチンの有効性と感染性の高いウイルス変異体への対応の必要性に応じて、2022年に人々にワクチンの3回目の投与を行う可能性についても検討を開始しました。

日本では、最近の感染数と入院数の急激な増加の背後に、デルタ型があります。

昨年8月にペルーで発見されたブルームバーグによると、ラムダの亜種は南アメリカで強く広がっています。 現在までに、この亜種は約30か国で登場しています。 世界保健機関(WHO)は、ラムダを「懸念のバリアント」として分類しています。これは、「懸念のバリアント」(デルタバリアントを含むグループ)よりも1桁低い値です。 しかし、WHOは、一般的な株と比較して、ラムダ変異体はワクチンに対してより感染性が高く、より耐性がある可能性があると考えています。

ラムダがデルタ変異体よりも危険であるかどうかを判断することはできませんでしたが、東京大学(日本)の研究者は、ラムダ変異体が人間社会にとって「潜在的な脅威」になる可能性があると警告しています。

この事実はまた、SARS-CoV-2ウイルスの新株の出現が、アジア諸国を含む世界の多くの国にとって脅威になりつつあることを示しています。 ラムダに加えて、「懸念される変異株」のリストには、イータ、イオタ、カッパがあります。これらはすべて、一般的な変異株よりもワクチンに対して伝染性または耐性があると考えられています。

7月末に、科学者たちは、世界がCovid-19パンデミックの危険な新しい段階に入ったと警告しました。 確かに、第3の波は、新しい伝染性およびワクチン耐性株の開発のための肥沃な基盤を作成します。 ウイルス学者は、SARS-CoV-2ウイルスがより危険な亜種に進化した可能性があると述べています。 ただし、コミュニティの感染レベルが十分に高くないため、これらの亜種は検出されていません。

一方、オーストリア科学技術研究所から新たに発表された研究によると、ワクチン耐性変異体はワクチン接種率の低い国で急速に広がる可能性があり、次のような流行予防策の場合:マスクを着用すると、社会的距離が縮まります。

ソーさん

Sonoda Kamiko

「熱心なゾンビファン。邪悪な内向性。ソーシャルメディアのスペシャリスト。筋金入りのトラブルメーカー。コーヒーメイヴン。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。