日本はベトナム人インターンが虐待されている企業を罰する

日本政府は、ベトナム人インターンが同僚に虐待されたと非難された後、建設会社シックスクリエイトから外国人インターンを受け入れる許可を取り消しました。

西日本のオクヤマン県にあるシックスクリエイトカンパニーは、2月18日に入国管理局と労働省によって認可された行政決定の下で、今後5年間は技術研修生を受け入れることを禁じられています。

古川禎久法務大臣は昨日、東京で開かれた記者会見で、「日本では技術研修生に対する人権侵害は認められていない」と述べ、今後同様の事件が発生した場合、政府は厳格な措置を講じると強調した。

ベトナム人研修生(センター)が2020年9月に日本人の同僚に殴打された。写真: 共同通信。

入国管理局は、「他人の虐待を含む人権侵害」がシックスクリエイトで行われたことを認めていますが、詳細を公表することを拒否しています。

41歳のベトナム人研修生は2019年秋に日本に到着し、約1か月後、骨を折るまで拷問を受け始めました。 ビデオは、彼が同僚に殴られて蹴られ、ほうきで頭と体を殴られ、標準的な日本語を話さないことで彼を叱る様子を示しています。

彼は建設会社と証券会社に謝罪と補償を求めた。 入国管理局は、ベトナム人男性を虐待した同僚に対する刑事告発と、岡山に本拠を置く労働仲介会社に対する法的措置を検討しています。

先月、ベトナム人研修生は、報復を恐れていたため、あえて2年間前に出なかったと述べた。 「私の最大の恐怖は、会社で働くことができなくなり、ベトナムに送り返されることです」と彼は言いました。 「私はとても怖くてパニックになりました。どうしたらいいのかわかりませんでした。」

現在、35万人以上の研修生が、数十年にわたって維持されてきた国が後援するプログラムの下で日本に住んでいます。 このプログラムの目標は、外国人労働者が日本の農業、建設、食品加工などの分野でスキルを習得できるよう支援することです。

しかし、批評家は、一部の雇用主は安価な労働力を見つけるためにこの制度を利用しており、インターンを搾取や虐待の危険にさらしていると述べています。 米国国務省が昨年発表した報告書によると、日本政府は「雇用主と雇用主に労働虐待と強制労働の責任を負わせていない」とのことです。

ホンハン (によると 日本時間)。

Tsuda Asami

「コーヒーの専門家。謝罪のないツイッターの第一人者。熱心なテレビ学者。インターネットの先駆者。アルコールの擁護者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。