日本はベトナム人が同僚を虐待で非難した事件の調査を依頼した

日本の法務大臣は、彼の同僚が骨を折るまで彼を2年間苦しめたと非難したベトナム人研修生の事件を調査するよう入国管理局に要請した。

古川禎久法務大臣は本日、「虐待などの外国人研修生に対する人権侵害は完全に許されない」と述べ、同国の入国管理局長が41-の事件を「迅速に解決」したと強調した。年老いた男。 元ベトナム人研修生。

先週、岡山県で福山連合タンポポの代表との記者会見で、無名のベトナム人男性は、2019年秋にインターンとして来日し、西部の建設会社で働くように手配されたと述べた国。 仕事を始めてから約1か月後、彼は日本人の同僚に虐待され、骨を折った。

ベトナム人研修生(右)は、2020年9月に日本人の同僚にほうきで殴打されました。写真: 共同通信。

組合がオンラインで投稿した虐待のシーンを記録したビデオによると、2020年9月に日本人の同僚がトラックの後ろで働いているときにベトナム人の男性の頭と体をほうきで殴った。日本語でうまく反応しない」。 ビデオはバイラルになり、怒りを引き起こしました。

今日のオンライン記者会見で、ベトナム人は彼が受けた身体的攻撃を「残酷で残酷すぎる」と述べた。 福山連合タンポポの武藤美嗣会長は、同僚がベトナム市民に物を投げつけ、歯をノックアウトして唇を引き裂いたと付け加えた。 このインターンは、日本にいる他のベトナム人インターンに同じ状況を経験させたくないと言った。

武藤はベトナム人男性が極端な状況に直面していると感じたが、日本の外国人研修生の間では嫌がらせ、低賃金、精神的虐待が一般的であった。 「問題は人権意識の欠如に起因すると私たちは考えており、人種差別の要素もあります」と彼は言いました。

現在、35万人以上の研修生が、数十年にわたって維持されてきた国が後援するプログラムの下で日本に住んでいます。 目的は、発展途上国の労働者が農業、建設、食品加工などの分野でスキルを習得できるようにすることです。

しかし、批評家は、一部の雇用主は安価な労働力を見つけるためにこの制度を利用しており、インターンを搾取や虐待の危険にさらしていると述べています。 米国国務省が昨年発表した報告によると、日本政府は「雇用主と雇用主に強制労働に関連する労働虐待と犯罪の責任を負わせなかった」。

シャンデリア (によると AFP)。

Muramoto Hisoka

「熱心な思想家。アマチュアの読者。どこにでもいる動物の友達。作成者。典型的なウェブ狂信者。音楽のスペシャリスト。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。