日本はより多くの外国人を歓迎する予定です

日本は、3月から毎日入国する外国人の数の制限を緩和することを計画しており、到着時に自己隔離する要件を削除することを検討しています。

日本政府筋は昨日、岸田文雄首相の政権が3月1日から毎日3,500人から5,000人に国に入る人々の数を増やすことを計画していると言いました。 日本政府は、非永住者がCovid-19の検査証明書を提示し、ワクチンを3回接種した場合、7日間の検疫要件を免除することもできます。

2021年11月下旬以来、日本は、急速に拡大するオミクロン株と戦うために、ほとんどの外国人との国境を閉鎖してきました。 国境管理措置は今月末に終了します。

日本の岸田文雄首相(左から2番目)が先週末、東京の羽田空港の予防接種現場を訪れました。 写真: 共同通信

他のG7諸国と比較して最も厳しい日本の規制は、国内外の企業や学界から厳しすぎると批判されています。 岸田首相は2月17日に記者会見を開き、新計画の詳細を説明する予定だ。

松野博一内閣官房長官は昨日、国境でのスクリーニング措置のため、昨年末に約15万人の日本人ビザを持った留学生が入国できなかったと述べた。 11月29日から2月10日まで、日本は合計約6,000人の入国を許可しました。

松野氏によると、政府は厳格な国境管理措置に関連する「さまざまな要件」を認識しており、「できるだけ早く」制限を緩和する計画を提示する予定です。 昨年11月に国境閉鎖を課す前は、日本は毎日最大5,000人の入国を許可していました。

日本は現在、400万件以上のCovid-19の症例を記録しており、そのうち20,700人以上が死亡しています。 この国は最近、毎日のnCoV症例の減少を記録しましたが、専門家は、高齢者施設でより多くの感染が発生するにつれて、死亡が増加し続ける可能性があると警告しています。

フエンル (によると 日本時間)。

Mukai Mamoru

「旅行オタク。筋金入りのビールの専門家。熱心なウェブ愛好家。流行に敏感なベーコン狂信者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。