日本の首相:戦争の恐怖を繰り返さないでください

日本の岸田文夫首相。 (写真:共同/VNA)

8月15日、日本政府は第二次世界大戦終戦77周年を迎えました。

岸田文夫首相は、東京で開催された式典で第二次世界大戦で亡くなった約 1,000 人の来賓とその遺族に向けて演説し、世界は依然として絶え間ない紛争に直面しているため、戦争の恐怖を二度と繰り返さないことを約束しました。

岸田総理は、「平和への積極的な貢献を旗印に、国際社会に参加し、世界が直面する多くの問題の解決に全力を尽くす」と述べた。

しかし、菅義偉氏と安倍晋三氏の 2 人の前任者のように、岸田首相は過去に日本のアジア侵略について言及したことはありませんでした。

一方、第二次世界大戦で命を落とした遺族を代表する大槻健一さん(83)は、愛する人を紛争で亡くした家族を世界は常に目撃していると指摘し、「戦争は単なるものではない」と警鐘を鳴らした。遠い過去ですが、私たちに非常に近いです。」

この文脈で、彼は戦争の悲劇と平和の価値を将来の世代に伝え続けることを誓います.

式典では、第二次世界大戦中に米軍が広島と長崎の 2 都市に投下した原爆で亡くなった人々を含め、第二次世界大戦中に命を落とした人々を追悼するための時間がありました。 .

共同通信によると、第二次世界大戦中、日本では約 230 万人の兵士と 80 万人の民間人が死亡した。

VNAによると

Muramoto Hisoka

「熱心な思想家。アマチュアの読者。どこにでもいる動物の友達。作成者。典型的なウェブ狂信者。音楽のスペシャリスト。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。