日本の自動車メーカーは安い中国の電気自動車と競争したい

ダイハツの会長は、中国からの低価格の電気自動車が日本の自動車メーカー、特に軽自動車の範囲にとって脅威であることを理解しています。

世界の一般的な傾向は電気自動車に迅速に移行することですが、ほとんどの日本の自動車メーカーはまだ遅れをとっています。これは、中国のライバルが低コストの自動車で利用できる機会です。

世界最大の自動車市場であり、電気自動車の最大の輸出国である中国では、電気自動車のコストはわずか4,500ドルです。 日本の速達会社佐川急便が広西自動車グループから7,200台のWulingブランドの電気ミニバンを購入するとき、中国の電気自動車も日本で転がる準備ができています。

ダイハツミラe:S-2011年から生産されている軽自動車モデル。「e:S」は「エコとスマート」を意味する。 写真: ダイハツ

日本の軽自動車、つまり軽自動車のメーカーは、電気自動車への切り替えに遅れをとっています。 独自の電気自動車技術を開発するためのリソースが不足していたダイハツは、ライバルのスズキとチームを組んで最善を尽くしました。

インタビューに返信する 日経アジアダイハツの奥平総一郎会長は、同社は中国のライバルが生み出したものと競争するために最善を尽くすことを約束していると語った。

「カーデザイン(中国)のアイデアは、既存のものを開発することだけではありません。たとえば、バッテリーやモーターは水ではなく風で冷却されます。不適切なように制限される可能性があります。高速で長距離を移動します。しかし、コストは削減できます。当社は自動車製造の基本概念に戻り、手頃な価格の電気自動車の新しいアイデアを考えます。価格競争力があります」と奥平氏は述べています。

ダイハツの最初の電気軽自動車モデルの1つは、2025年に発売され、約8,600ドルの費用がかかります。これは、中国の現在の小型電気自動車の一部よりも高価です。 価格は高いが、奥平氏は「広々としたインテリア、荷室、4人乗り」の軽自動車には「ある程度の需要がある」と語った。 会長は、ミラe:Sの電動化と、ガソリンモデルと同じ価格でのハイジェットの電動バージョンの発売も検討していると付け加えた。

ダイハツはまた、他のいくつかの自動車メーカーと協力して現在のラインナップの電化に取り組んでおり、バッテリーコストの管理に取り組んでいます。 奥平氏は、中国製のバッテリーを購入する(巨額の投資になる可能性がある)、2030年までにすべての新モデルを電化するなど、さまざまなオプションを検討していると語った。

「それで、私たちは親会社のトヨタと協力しています。私たちはスズキと共同で電気自動車を開発し、関連技術を共同で開発します」と奥平氏は語った。

アメリカ-イギリス

Mukai Mamoru

「旅行オタク。筋金入りのビールの専門家。熱心なウェブ愛好家。流行に敏感なベーコン狂信者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。