日本の給料で質素に暮らす

マサミツは旅行や外食をすることはめったにありませんが、彼の給料は年間約34,000ドルで、これは10年近くの間年間4ドルしか増えていません。

「私は救うことができません。年をとったときに救うものは何もありません。仕事を続けるという選択肢しかありません。この事業を引退した後、私はできることは何でもします。たぶん、警備員です。 」と日本の会計士の正光は言った。

マサミツは何年も旅行したり、映画を見たり、外食したりしていません。 代わりに、彼は家族を養うために、年俸約34,000ドルを費やしていますが、これは10年近くの間年間4ドルしか増えていません。

マサミツの窮状は、2020年の給与の中央値が約38,500ドルで、1990年代と大差ない、日本の多くの中小企業労働者の窮状を反映しています。経済協力開発(OECD)諸国。

3月14日、東京・日本橋の街を日本人が歩きます。 写真: ロイター。

日本の岸田文雄首相は、今春の賃金交渉で、収益性の高い企業に労働者の賃金を引き上げるよう求めた。 交渉は3月16日に終了する予定です。

経理を学んだ正光は、元雇用主が給料を下げた後、43歳で転職を決意した。これは日本人従業員にとっては非常に珍しいことだと考えられていた。

何度か就職の面接に失敗した後、正光は最初の10年間の昇給が年間500円(4.25ドル)になると言われるまで、現在の仕事に幸運を感じました。

「私の年齢では、基本給はそれほど悪くなく、給料が安いところもたくさんあります。10年くらい経つと、年俸が5000円(42米ドル以上)増えると言われました。」 、正光は言った。

マサミツの月給と手当は約25万円(2,100ドル以上)です。 年に2回、さらに2か月分の給与が支給され、年収は約400万円(34,000ドル)になります。

「残念ながら、一生懸命働いても昇給はそれほど大きくありません」と正光は説明した。

この収入から、正光は家計を補うためにアルバイトをしなければならない妻と高校を卒業しようとしている娘を支援するために使われます。

娯楽目的で、マサミツと数人の友人はYouTubeビデオに従ってヨガを練習しますが、彼は時々ヨガのクラスで1日練習するためのチケットを購入します。

「妻と私ももっと子供が欲しいのですが、一人の子供が私たちの持っているものをすべて消費しました」と岸田首相の主張が給料の改善に役立つことを望んでいると正光は言いました。

ノック・アン (によると ロイター)。

Muramoto Hisoka

「熱心な思想家。アマチュアの読者。どこにでもいる動物の友達。作成者。典型的なウェブ狂信者。音楽のスペシャリスト。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。