日本の学校は厳格な規則で批判されています

学生に黒髪や白い靴ひもを使用することを義務付けるなど、一部の日本の学校の厳しい規制は、ますます批判を受けています。

西日本の大分出身の2人の父親である楠本敏幸は、楠本が「ばかげている」と考える学校の規則から彼の幼い息子を保護するために裁判所に介入するよう要請した。 これらのルールには、髪の長さのルール、ポニーテールや三つ編み、トリミングされたボトム、白い靴ひもは含まれていません。

「これらの学校の規則は、憲法に定められている個人の自由と人権を尊重することに反している」と彼は述べた。

学生たちは2021年11月17日に東京の銀座地区のバス停で待っています。写真: AFP

今月下旬、当局が規則を変更することを期待して、彼は裁判所、学校、市の間の調停セッションに出席する予定です。 東京では統一規則が変更されており、最近、学生の髪の色などの厳格な規則が4月から公立学校制度から廃止されることが発表されました。

しかし、他の多くの場所では、これらの規制は依然として一般的であり、幼い頃から厳格な規則の下にあった楠本は、彼の法的措置が大きな変化をもたらすことを望んでいます。

「私は子供たちのためだけでなく、日本中の多くの子供たちが不当な規制の対象となっているためにこれを行っています」と彼は言いました。

ムコガワ女子大学の大津隆准教授によると、これらの厳格な統一規則は1970年代にさかのぼり、12歳で高校に入学したときに導入されました。

当時、「教師に対する暴力は社会的に大きな問題となったため、学校は規制を通じて状況を管理する方法を見つけなければなりませんでした」と彼は言いました。

「ルール作りは学校を含むすべての組織にとって不可欠ですが、決定は関係する学生と透明かつ理想的に行われ、民主的な決定を行う方法を学ぶことができるようにする必要があります」と大津氏は語った。

規則は、教室の秩序と一貫性を確保するのに役立つように設計されていますが、多くの法的課題にも直面しています。 2017年、学校から自然な茶髪を黒く染めるよう繰り返し頼まれた18歳の学生が、脳震盪に対して220万円(19,130​​ドル)の補償を求めて大阪で訴訟を起こした。

訴訟は全国的な騒動を引き起こし、昨年政府は教育委員会に学校の規則が「学生の周りの現実」を反映しているかどうかを決定するよう命じることを余儀なくされた。

しかし、控訴院と大阪地区は、学校が「教育目的で」髪を黒く染めるように生徒に命じることができると裁定した。 学生の弁護士は、要求に応じて髪を黒く染めたにもかかわらず、髪の色の問題でしばしば嫌がらせを受けたと述べた。

「この和解は学生の生活を台無しにした」と弁護士は言った。

現在22歳の学生はあきらめず、昨年11月に高等裁判所に上訴し続けた。

組織や個人が規制の変更を推進している兆候がいくつかあります。 青年の権利団体であるVoiceUpJapanは、1月に文部省に請願し、学校が生徒と協力して規則の変更について話し合うことを奨励するよう求めた。

ボイスアップジャパンのメンバーである澤田初音さん(16)は、「一部のメンバーが学校のルールに悪い経験をしたため、このキャンペーンを開始した」と語った。

請願書は、前髪が長すぎて学校の規則に違反したために教師に屈辱を与えられた生徒の例を示しています。 大分では、学校の規則は性差別主義者として批判されており、男の子はズボンを着用し、女の子はスカートを着用する必要があります。

地元の教育委員会は、この規則は「子供たちの一体感を育むだけでなく、衣服を購入する際の家族の経済的負担を軽減する」と述べた。

しかし楠本は反対した。 「一体感を与えるべきではありませんが、自然に発達することを許されるべきです」と彼は言いました。 そのようなルールを課すことは、「批判するのが面倒な子供を生み出すためのレシピ」です。

ホンハン (によると AFP)。

Mukai Mamoru

「旅行オタク。筋金入りのビールの専門家。熱心なウェブ愛好家。流行に敏感なベーコン狂信者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。