日本のビーチに打ち上げられた3メートルのダイオウイカ

生きているダイオウイカは、この種の生きている個体は非常にまれであるため、地元の人々や科学者から大きな注目を集めています。

珍しいイカは水族館に移されます。 写真: 毎日

多くの入浴者は、長さ約3メートルのダイオウイカが生きているのを見て驚いています。 彼らは、4月21日の現地時間午前10時に、深井地区オバマタウンのウグビーチで立ち往生している動物を発見した。

小浜市政府によると、イカはまだ生きているという。 関係者によると、ダイオウイカが生きていて浜辺で洗い流されることは非常にまれだという。 堺市の越前松島水族館は、この頭足類の新しい家です。

南アフリカの入浴者は、2020年に砂の上に座礁したダイオウイカにかつて遭遇しました。科学者は、さらなる解剖と研究のために保管するためにそれを冷凍庫に入れました。 ダイオウイカは通常、若い象よりも重く、大人の人間の2倍以上の大きさです。

長さ13メートルまでのダイオウイカは、地球上で最大の無脊椎動物の1つです。 しかし、彼らの巨大なサイズは、彼らが400メートル以上の深さに住んでいるので、彼らを見つけるのを容易にしません。 受け皿サイズの目は、生き物の中で最も大きいものの1つであり、暗い水の下で見ることができました。 これは、ダイオウイカが1マイル以上離れた場所で遠隔操作の車両や潜水艦を見ることができることを意味します。 研究者たちは2002年以前に生きたダイオウイカを見たことがありませんでした。彼らは2006年に最初にその動物を撮影しました。

カン (によると デイリースター)。

Toma Masumi

「アマチュアフード忍者。起業家。ハードコアウェブメイヴン。ビール愛好家。受賞歴のあるツイッターの支持者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。