日本のオリンピックと第5次大流行の恐れ

発行日:

2021年7月10日、東京で非常事態宣言が正式に発効し、2021年7月23日の夏季オリンピックの公式開会式まであと12日でした。

首都東京とその周辺では、流行が汚染のダイナミクスを加速させるのを防ぐために、観客なしで競技が行われます。 しかし、オリンピックの歴史におけるこの前例のない警戒措置は、東京で第5の流行の波が発生したときに病気を封じ込めるのに十分でしょうか? これは、日本の多くの疫学者や医療専門家にとって大きな懸念事項です。

東京から、RFI特派員のブルーノ・デュバルは次のように報告しています。

「」 今年1月に日本で3回目の致命的な流行がピークに達したとき、病床と医療スタッフの不足により、何千人ものCovid-19患者が入院できませんでした。 2回の発生後、東京の病院の医師は、次のオリンピックでも同じシナリオが再び発生する可能性があることを恐れています。

ある医師は、「この5回目の流行は非常に激しい。人々は昨年の冬の疫学的悲劇の教訓をまだ学んでおらず、病院はベッドとスタッフが不足している。今年の夏は悪いことが起こると確信している」と語った。

別の医師は、「今年のオリンピックは、デルタバリアントとワクチン接種キャンペーンの間の時間との戦いになるだろう。ほとんどの日本人はまだワクチン接種を受けていない。バリアント自体。これがレースに勝つだろう」と付け加えた。

2021年のオリンピックは疫学的災害に変わるのでしょうか? 確かに、疫学者は必ずしも同意しません。

悲観論者は、「デルタ型ウイルスが世界中に広がっていた時期に、10万人の外国人が東京にやってきた。日本は間違いなく高額を支払うだろう」と語った。

しかし、別の疫学者は「大勢の人が動いて大勢の集まりがあり、リスクはある。でも、観客なしで競技が行われているので問題ない」と楽観視している。今年のオリンピックはそれほど悪くないかもしれないと思います!」

これだけが首都の住民の意見ではありません。 すべての世論調査によると、東京の人々の大多数は心配しています

Sonoda Kamiko

「熱心なゾンビファン。邪悪な内向性。ソーシャルメディアのスペシャリスト。筋金入りのトラブルメーカー。コーヒーメイヴン。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。