日本の「文化」マンホールの蓋とベトナムの道路の罠

先週、私の友人は町の別の場所を通り抜けなければなりませんでした。 旅行後、整備士が最初にリムを再計量するように、車をワークショップに戻す必要があります。

あなたは次のように述べています。転倒しそうになり、前端を打つ音がはっきり聞こえた。

「落ちない運」-私は彼を慰めた。 しかし、私はマンホールの蓋の上下の犠牲者でもあり、私が通った道路に突然現れました。

なぜかわかりませんが、ハノイやサイゴンの街にはいつもこんなに奇妙なマンホールがあります。 滑らかなアスファルト道路には、常に少なくとも1つ、多くても数十のそのような歩行者の「トラップ」があります。 全体として、これらは失われたモジュールであり、通行人に有害です。

ベトナムの岐路に立つマンホールの蓋。 写真: 都市鉄道ファンページ

そして、滑らかなアスファルト道路は長くは続かなかった。 先月、道路が舗装されたばかりで、翌月、数人の労働者が道路を切り落としていました。 その理由は、送電線を埋めたり、パイプを修理したりするためです…

仕事が完了すると、樹脂の詰め物は不格好でずさんなものになります。 彼らは道路上の岩やウナギのようなものです。 車両が通過すると、上下にバウンドします。 フライホイールが弱い人は誰でも、転ぶのは自然なことです。

テットの前に、誰かがハノイのディンコン通りはマンホールの蓋、凸状のマンホールの蓋でいっぱいだと思って、道路を破れたシャツと比較しました。 ビデオのバイクに乗っている若い男は、まるで自分の携帯電話でゲームをしているように、これらの障害物を避けるために前後に身をよじります。

または、ハノイのカムティエン-ルドゥアン交差点の写真。交差点は1つだけですが、マンホールの蓋は5.6個あります。 プラスチックの端にひびが入っており、非常に見苦しいです。

それに比べて、海外で評判が良かったのですが、日本のマンホールと私たちの「苦しんでいる」マンホールを見てください。 人々の靴のかかとの下で忘れられているように見えるシンプルなマンホールの蓋は、日本人によって作られ、ストリートアートのユニークな作品になっています。

日本の芸術的なマンホールの蓋。 写真:channelnewsasia / JP

日本の「アート」マンホールカバー。 写真: channelnewsasia / JP

芸術的な模様のマンホールの蓋または芸術的なマンホールの蓋は、1978年に沖縄県で日本で最初に登場しました。 これは、日本の建設省の元従業員である亀田康武氏の創作です。

当時、マンホールとマンホールの蓋は常に悪臭を伴う乱雑な画像に関連付けられていました。 しかし、彼の否定的な考え方を変えたいという願望で、彼はマンホールの蓋の表面のテクスチャを鮮やかな芸術的な詳細に変換するというアイデアを思いつきました。 日本では、2020年現在、約11,000モデルの日本マンホールカバー協会が設立されています。

日本のマンホールの蓋を見ると、ベトナムのマンホールの蓋がカラフルに塗られていたり、カラフルに塗られていたりしたくありません。 でも、通りすがりの罠のように上下しないようにしたいと思います。 多くの人が私と同じことを望んでいると思います。

では、誰がこれを行うのでしょうか?

勇者

>>この記事は、VnExpress.netの意見と必ずしも一致していません。 割り当て ここ。

Mukai Mamoru

「旅行オタク。筋金入りのビールの専門家。熱心なウェブ愛好家。流行に敏感なベーコン狂信者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。