日本の「九尾狐湖の封印」の石が2つに割れた

日本で有名な殺生石は、九尾の狐の霊を900年近く閉じ込めていたと考えられていましたが、理由は不明ですが、2つに割れました。

殺生石は、東京から北に約160kmの日光国立公園にあります。 先月、岩が割れた原因は不明ですが、ニュージャージー州カムデンにあるラトガーズ大学のニック・カプール准教授は、寒い冬の天候では、水が亀裂に浸透して凍結し、亀裂が発生する可能性があると述べました。どんどん大きくなり、最終的に岩を2つに分割します。

先月、日本の日光国立公園の殺生石岩。 写真: 日本の環境省

伝説によると、九尾の狐(九尾の狐)の精霊である玉藻前は、900年近くも石に封印されてきました。 物語は、1107年から1123年まで日本を統治した鳥羽天皇を中心に展開しています。

玉藻前は変身する能力で美女に変身し、鳥羽天皇の目に留まりました。 玉藻前が天皇に近づくにつれ、彼はどんどん病気になっていきました。 全国教師は玉藻前を犯人と特定した。

計画が失敗すると、玉藻前は森に突入し、形を変えて隠れます。 しかし、武士は彼に追いつき、矢で彼を撃ちました、九尾の狐の魂は石に変わりました。

伝説によると、誰かが石に触れると死ぬという。 そのため、「死の石」と名付けられました。

ハワイ大学ヒロ校の日本研究教授である奥山芳子氏は、この石の超自然的な能力の証拠はないが、その特定の場所は噂の背後にあると述べています。 岩は多くの火山の近くにあるので、しばしば放出されるガスは、何年にもわたって特定の種類の動物や人々を殺す可能性があります。

奥山氏は、殺生石の人気が高まり、主要な観光名所になっていると付け加えた。 多くの人々は、壊れた石の現象を、パンデミックやロシアとウクライナの紛争などの悪い兆候の前兆と見なしています。 他の人はそれを良い兆候と見ていますが、九尾の狐の魂はウクライナでの戦争を止めるために解放されたと主張しています。

タンタム (によると CNN)。

Toma Masumi

「アマチュアフード忍者。起業家。ハードコアウェブメイヴン。ビール愛好家。受賞歴のあるツイッターの支持者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。