捜狐医学| 日本の研究:オミクロンはオブジェクトの表面で200時間近く生き残ることができます_Virus_Spread_Delta

元のタイトル:捜狐医学| 日本の研究:オミクロンは物体の表面で200時間近く生き残ることができます

製品| 捜狐健康

著者| 周義春

エディター| 元ユエ

新しいコロナウイルスで汚染された表面からの感染のリスクはありますか? プレプリントのウェブサイトBiorxivに掲載された日本の研究によると、新しいコロナウイルスは表面上で少なくとも数十時間生き残ることができ、オミクロン変異体は平均193時間生き残ることができます。 ウイルスを予防および制御するために、頻繁な手洗いと環境消毒は無視できません。

最近、私の国の多くの場所での流行の報告は、新しいコロナの「人から人への感染」のリスクを排除することはできないと述べましたが、WHOと米国CDCの公式ウェブサイトはそれが本当の証拠がなかったと言いました。 表面から採取された陽性サンプルが生きているウイルスなのか死んだウイルスの断片なのか、そしてそれらがまだ感染性であるのかどうかは議論の余地があります。

京都医科大学医学感染症学部の多くの研究者が、新しいコロナウイルスの元の株と、物体の表面でのアルファ、デルタ、オミクロンなどのさまざまな変異株の生存期間について、いくつかの一連の比較実験を行いました。 結果は、プラスチック表面では、元の菌株、アルファ、デルタ、およびオミクロンの平均生存時間は56、191.3、114、および193.5時間であることを示しました。 研究者らは、死体標本の皮膚を処理して皮膚の実際の環境をシミュレートし、皮膚に4つのウイルスが見つかったことを発見しました。表面の生存時間は8.6、19.6、16.8、21.1時間でした。 オミクロンが最も長く生き残ったのに対し、変異体は元の株よりもオブジェクトの表面ではるかに長く生き残ったことがわかります。

次に、研究者はさまざまなウイルスの消毒効果をテストしました。 結果は、プラスチック表面のさまざまなウイルスが15秒以内にアルコールベースの消毒剤によって不活化される可能性があることを示していますが、オミクロンはわずかに高い濃度の消毒剤を必要とします。 人間の皮膚のウイルスは15秒以内に完全に不活化することができます。

研究者たちは、デルタ、オミクロンなどの生存期間を指摘しました。 元の菌株の2倍以上であり、皮膚の表面で16時間以上生き残ることができるため、これらはすべて接触感染のリスクをもたらします。 現在、オミクロンは世界中に広く広がり、いくつかの国でデルタに取って代わっています。 オミクロンの主な感染部位は下気道から上気道に移り、中和抗体に対する高い耐性は伝染性の危険因子であり、この研究は表面での安定性も主な理由の1つであるという新しい証拠を追加しますデルタを置き換える。 したがって、ウイルスを予防および制御するには、頻繁な手洗いに重点を置き、適切な消毒剤を使用して手と環境を消毒する必要があります。

ブリストル大学の研究者が今月Medrxivで発表したシミュレートされたエアロゾルテストでは、患者がウイルスを含む空気を吐き出した後、感染力が20分で90%低下することが指摘されているため、トランスミッション。 それは人から人への近接の伝達であり、空間や物体の伝達ではありません。

2つの明らかに反対の結論、誰が正しいですか? どちらの研究もピアレビューされておらず、日本の研究では、ウイルスが表面で生き残った期間のみが示され、感染リスクのテストに失敗しました。 しかし、表面の安全な側に希望を固定するのは時期尚早でしょう。

参照:

1. biorxiv

懸念されるSARS-CoV-2変異株間の環境安定性の違い:オミクロンはより高い安定性を持っています

https://www.biorxiv.org/content/10.1101/2022.01.18.476607v1.full

捜狐に戻って、もっと見る

編集者:

免責事項:この記事の意見は著者自身を表すだけであり、捜狐は情報公開プラットフォームであり、捜狐は情報ストレージスペースサービスのみを提供します。

Mukai Mamoru

「旅行オタク。筋金入りのビールの専門家。熱心なウェブ愛好家。流行に敏感なベーコン狂信者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。