恋人に嫌がらせを受けた学生の悲劇

日本桶川栞は、何ヶ月にもわたってストーカーをし、家族全員を脅迫した後、元カレに殺害された。

1999年1月、21歳の学生井野詩織は26歳の小松和仁とデートを始めました。これは彼女の兄弟の武とマッサージパーラービジネスです。 埼玉県大宮区大宮駅近くの遊園地で出会った。 23歳の和仁は、自動車、不動産、貴金属業界の起業家と自称している。

詩織は1999年1月に自宅で写真を撮りました。写真: アサヒ

4、5日のデートの後、和仁は公共の場所でルイ・ヴィトンのバッグやグッチの服などの高価な贈り物を詩織に与え始め、拒否されたときに大声で怒鳴りました。 この頃、詩織は車の中で和仁の本名のクレジットカードを見つけ、彼が嘘をついていることを知りました。 彼女が接触を断ち切ろうとすると、カズヒトは彼女がデートを続けることに同意するまで彼女を脅します。

1999年3月24日、詩織は自分の命が危険にさらされているのではないかと友人に打ち明けた。 3月30日、詩織は再び和仁との関係を断ち切ろうと意志を書いたが、詩織の小学校の弟を傷つけたとほのめかして家族を脅したため失敗した。

6月14日、栞はカフェで和仁に会い、二度と会いたくないと強調した。 同日、和仁、武、そして友人たちが詩織の家に行き、母と娘を脅迫し、和仁が贈り物を買うためにお金を横領したので、詩織が責任を負っていることを確認した。 栞が仕事から帰ってきたとき、彼らは栞の父を脅し続けた。 彼が贈り物を持って家から追い出されたとき、3人は撤退したが、彼らは贈り物を取り戻したくないと言った。

栞は全過程を記録し、翌日上尾市の埼玉県警察に引き渡した。 しかし、警察は録音を拒否しました。 同日、栞の家族は、「田中」と名乗る人物から、贈り物の返還を求める電話と、約20件の嫌がらせの電話を受けた。 これらの電話は10月26日まで毎日続きました。

6月16日、詩織は両親と一緒に再び埼玉警察署に行きました。 警察は再び介入を拒否し、彼が高価な贈り物を受け取った後、情熱的な追跡者と別れたと非難した。 その後、家族は警察の推薦で商工会議所が運営する無料の法律事務所に行きました。 15分間の協議の後、弁護士は彼らの懸念を却下し、「彼女はたくさんのものを買ったのではないか」と言った。

翌日、栞は和仁から一緒に戻るようにとの電話を受ける。 彼女は拒否し、警察に降伏したと言った。 彼は怒って突然電話を切った。

6月21日、詩織は和仁が彼女に受け取るように強制したすべてのものを宅配便で彼女の住所に送りました。

和仁は兄に復讐したいと言って怒ります。 6月22日、武士はマッサージ店の元店長である久保田義文さん(33)と会い、栞を2千万円で殺すために誰かを雇う計画について話し合った。 久保田は、川上アキラと伊藤喜剛の2人の知人を募集して計画を実行することに同意した。

7月5日、和仁は埼玉県を出て沖縄県那覇市に向かい、アリバイを作った。

次の4か月間、詩織家は、近所や職場に配布された父と息子の詩織を殺害する何百ものポスターや手紙を含む、エスカレートする一連の嫌がらせと脅迫に苦しみました。 家族は手紙、ナンバープレートの写真、その他の証拠を持って繰り返し警察に行きましたが、何の行動も取られませんでした。 彼らは名誉毀損を訴えたかったが、未解決の事件の数の増加が彼らの立場を傷つけることを恐れて上級警察官によって阻止された。

そんな中、久保田、川上、伊藤は詩織の居場所と地元の駅をスパイして殺人事件を企てながら、詩織の写真を撮る。

1999年10月26日、栞は自転車に乗って家を出て、桶川駅に向かい、学校に通いました。 伊藤は近くの車から彼女を見て、川上に最初に久保田を駅まで運転するように警告した。

栞が自転車を降りると、久保田が近づき、2回刺した。 学生は午後12時50分に病院で亡くなりました。

詩織が殺害された駅の外。 写真:東京新聞

詩織が殺害された駅の外。 写真: 東京信文

殺人直後、埼玉警察は、詩織を売春婦、未成年者、売春婦と偽って、誤報キャンペーンを開始した。 清水清記者が個人的に事件を調査するまで、和仁兄弟とその共犯者は逮捕されなかった。 雑誌に掲載された清のレポート 集中するストーカーの写真と一緒に、栞が和仁のために耐えなければならなかったことを公開します。

1999年12月19日、久保田容疑者が逮捕されました。 翌日、川上猛、伊藤容疑者も逮捕された。 2000年1月16日、詩織への嫌がらせを手伝ったとしてさらに8人が逮捕された。

和仁は指名手配の通知を受け取りました。 彼は北海道札幌市に逃げ込み、そこで記者清に追跡された。 2000年1月27日、弟子屈町の湖で一仁の遺体が発見された。 彼のホテルの荷物のメモは、彼が詩織の暗殺を手配した直後に自殺することを計画していたことを明らかにしました。

久保田は懲役18年の判決を受けました。 川上も伊藤も懲役15年の判決を受けた。 タケシは終身刑を宣告されました。

埼玉県警察はマスコミで無責任だと批判され、栞の事件処理についてヒアリングをしなければならなかった。 警察署長は被害者の家族に公式に謝罪した。 捜査の結果、6人の警官が懲戒処分を受け、3人の上級警官が和仁に繰り返し嫌がらせを受けた際に栞が行った申し立てに対処することを拒否したため、解雇され、虚偽の文書で起訴された。 3人全員が懲役1年以上の刑を言い渡されましたが、執行猶予付きの判決を受けました。

2000年12月22日、詩織の家族は埼玉警察を訴えた。 2003年2月16日、地方裁判所は、警察が傷ついた感情の補償を支払うべきであると裁定したが、殺人につながった警察の無関心を却下した。

詩織の事件の影響を受けて、2000年11月に日本でストーカー法が施行された。

マーアン (によると 日本時間今日の日本)。

Muramoto Hisoka

「熱心な思想家。アマチュアの読者。どこにでもいる動物の友達。作成者。典型的なウェブ狂信者。音楽のスペシャリスト。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。