学生は日本に留学するために新聞を配達します

学校、家、飛行機のチケットと引き換えに、Tuan Kietは、日本への奨学金を獲得した後、1日に約800紙の新聞を配達しなければなりません。

毎日午前1時50分、東京の留学生であるヴ・トゥアン・キエットが新聞店に行き、新聞の配布を開始します。 最近東京では雪が降っています。キエットは寒さと戦うために、2枚のサーマルジャケット、数枚のコート、2枚のスカーフ、2組の手袋を着用する必要があります。

新聞を防湿プラスチックで包んだ後、キエットはバイクに乗り、フロントバスケットとリアラックに並べて車に乗り込みました。 21歳の学生は、道を見ずに眼鏡に水をかけ、眼鏡を外して習慣を守りました。 車は滑りやすい道路で水平に回転し、キエットを数回ノックし、車をひっくり返し、新聞の山を道路に投げました。

Vu Tuan Kietは現在、日本の留学生です。 写真: 提供される文字

午前6時頃に朝のシフトをした後、キエットは正午まで学校に行き、午後2時以上にシフトを開始する前に家に戻って休憩しました。 夕方、勉強した後、キエットは午後10時に就寝し、翌日の早朝に仕事を続けた。

2020年3月、キエットは朝日奨学金で来日しました。 アサヒ -この国で2番目に大きい毎日。 福岡市GAG日本語学院長のグエン・デュイ・アン氏によると、朝日奨学金はよく知られており、日本語学校の学生によく使われています。 外 アサヒのような他の新聞 読売新聞 授業料、宿泊費、給料などの奨学金もあり、留学生は勉強中に彼らのために働きます。

「「投資」奨学金は非常に制限されるべきです。しかし、それは留学したい難しい学生にとっての機会だと思います」とDuyAnhは言いました。

奨学金はセンターを経由して応募者を選別し、訓練します。その後、新聞は面接を行います。 奨学金の数は、人的資源の要件によって異なります。 日本人の採用が難しいため、活動を継続するために外国人を探すことを余儀なくされています。 優れた学業成績が有利であることに加えて、新聞は面接中に候補者の感覚、決意、エネルギーを高く評価します。

Duy Anh氏は、留学生の仕事は1日2回新聞を配達することであると付け加えました。 特に吹雪、雨、寒さなどの過酷な気象条件でのハードワークでは、候補者はエネルギッシュで勤勉である必要があります。 したがって、新聞は困難に耐えることができる州からの学生を選ぶ傾向があります。

キエットの朝のシフトは、オートバイの前後に新聞でいっぱいです。 写真:キャラクター提供

朝刊でキエット。 写真: 提供される文字

キエットはかつて銀行アカデミーを通過しましたが、日本に行って自立した生活を送るという夢を実現するために中退しました。 「私の両親は仕立て屋で、私の収入は小さな店から来ているので、家族に負担をかけたくありません。私は多くの課題に直面しなければならないことを知っていても、留学することにしました」とThanhHoaは言いました。午後のシフトが終わった後の男子生徒。

キエットは、6か月の基本的な日本語、2か月の日本の交通を学ぶ必要があります。 日本に行く前に、心理的に準備された年上のきょうだいの体験を調べて聞いたのですが、働き始めたときは、それでもショックを受けずにはいられませんでした。

東京に到着して数日後、キエットは見習い新聞店に行きました。 彼はすべての新聞に広告を掲載し、新聞を保持してしわが寄ったり破れたりしないようにし、新聞をリストにまとめて見逃さないようにすることを学ばなければなりませんでした。 新聞チームの1週間後、キエットは任務を開始しました。

初日、キエットはその週の発表が最も多い土曜日に出勤しました。 広告の数が多いと、新聞の山は厚く、重く、積み重ねが難しくなり、輸送される量も少なくなります。 彼はその仕事に慣れておらず、午前2時から午前8時まで朝のシフトで働き、それを完了するために店のスタッフに助けを求めなければなりませんでした。

午前と午後の2シフトの終わりに、800近くの新聞が配達され、キエットの手は凍って腫れました。 彼女の顔は紅潮し、靴は濡れていた。 「この日は、想像を絶するほどの長さでした。部屋に戻ったとき、少しがっかりし、少し怖かったのですが、ここに来る前に自分の意図を考えて、あきらめない決心をしました。 」とキエットは言った。 。 。

彼はすべての顧客リスト、道路標識、新聞を覚えるのに1か月かかりました。 キエット氏によると、最も困難な日は吹雪と冷たい雨です。 車から落ちたり、路上で新聞をノックしたり、濡れたりすることは避けられません。 「雪の真っ只中の路上にヒョウの山が横たわっていて、痛みを感じていたのを見て泣きましたが、誰にも助けを求めることができませんでした。私自身、もっと時間がかかるだろう」と語った。

新聞配達の仲間である日本人の上野湯香は、近づきやすく前向きな姿勢でキエトを愛しています。 彼女は、キエットは現在新聞店で唯一のベトナム人であると言いました。

「ケトは一生懸命頑張った。言葉の壁にもかかわらず、彼はまだ毎日学び、創意工夫を凝らして仕事をしている」と上野湯香は語った。

KietとUenoyuuka、新聞店の彼の同僚。 写真:キャラクター提供

KietとUenoyuuka、新聞店の彼の同僚。 写真: 提供される文字

仕事以外では、時間の制約がキエットの研究に大きく影響します。 彼はいつも眠いクラスに来ることを認めています。 「意志がなければ、授業に集中して授業を続けるのは難しいでしょう。授業時間外は、夕方に自宅で1時間しか自習できません」とキエット氏は語った。

彼はいつも店での時間を利用し、クラスで勉強して日本語を練習し、上達させています。 休む時間をとるために、キエットはその日の仕事を合理的に整理します。 彼は週に1日半休みがあり、事前に登録する必要があります。

Kietはまた、新聞配達奨学金を通じて学生が留学をよりよく視覚化できるように、ビデオを録画したり、日本での生活や仕事を録画したりすることもよくあります。 男子学生は、留学を夢見ているけれど経済状況が悪い方が、行く前に考えて準備してくれることを願っています。

学生は日本に留学するために新聞を配達します

日本の新聞配達事件のビデオ録画。 ビデオ: 提供される文字

Duy Anh氏はまた、特に決定が非常に難しいため、候補者に今後のポジションと分野について十分な情報を提供するようアドバイスしています。 「多くの留学生がこの仕事を通して成長し成功しましたが、それが難しすぎたために多くの留学生が中退しました」と彼は言いました。

流行、高価な飛行機のチケット、短い休暇のため、2年近くの間、キエットは家族を訪ねるためにベトナムに戻っていません。 過去数ヶ月を振り返ると、男子学生は多くのことを学びました。 何をすべきかわからないことから、彼は自分自身の世話をすること、料理をすること、そして彼の人生の世話をすることを学びました。 新聞の配布もまた、困難を克服する意志と勇気を築きました。

「私は自分自身に驚いています。家では、家を掃除して料理をする方法しか知りませんが、ここに来ると、すべて自分で行い、生活のバランスをとる方法を知っています」とキエットは説明しました。

キエットは語学学校を卒業しようとしており、千葉市の秀明大学で総合ビジネス専攻を修了しました。 来年の4月に彼は学校を始めるでしょう。 奨学金はもうありません。キエットは授業料を払って日本に住むためにさらに2つの仕事をする予定です。

夜明け

Mukai Mamoru

「旅行オタク。筋金入りのビールの専門家。熱心なウェブ愛好家。流行に敏感なベーコン狂信者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。