地下鉄1号線を運営している会社はお金が足りなくなって、日本側は声を上げます

2022年6月24日金曜日午後2時50分(GMT + 7)

JICAベトナム事務所(国際協力機構)の最高責任者は、都市鉄第1の道の単一メンバーの有限責任会社のための運営資金の手配に関する文書を政府機関に送ったところです。

具体的には、トラン・ヴァン・ソン大臣、政府庁長官、清水晃氏、JICAベトナム事務所長への書簡の中で、株式会社の運営資金の手配に関する多くの内容が述べられています。 MTVアーバンレイルウェイNo.1(HURC1)。

したがって、地下鉄プロジェクトNo.1(Ben Thanh-Suoi Tien)については、JICAは、全体の建設進捗率が90%を超え、コンサルタントの契約スケジュールNo.19Generalが4月28日に署名されたことを非常に喜んでいる。ベトナムと日本の首相。

これは、NJPTコンサルタントが、HURC1企業要員のトレーニングを含む重要な関連タスクを実行するための基礎です。これは、No.1の商業的搾取ルートの迅速な進歩を確実にするための重要なタスクの1つです。

「しかし、HURC1社は、過去に初期のチャーター資本が営業費用の支払いに使用されていたという大きな問題に直面しており、現在、会社はどこにもありません。資金不足のために営業を停止しなければならないリスクがあります。 」と清水晃氏の文書は述べています。

2021年12月、ホーチミン市人民委員会はこの問題について首相に書面で報告した。 その後、官公庁は計画投資省と財務省に市人民委員会の指導を要請した。

今年1月、JICAは計画投資省と財務省にも公式書簡を送り、会社の営業費用を清算するための迅速な支援を要請した。 その後、3月上旬に両省も市人民委員会に意見を述べた。

「現在、市の人民委員会は、計画省のオリエンテーションを研究および実施しながら、会社の運営費に先立って市が世話をすることを許可するために首相の意見を求めています。投資。 財務省」-清水晃氏は言う。

地下鉄1号線を運営している会社は資金を使い果たし、日本側に発言を促した。 写真:DT

清水晃氏によれば、これは技術支援を強化するためのJICAのプロジェクト(TC2プロジェクト)の技術受領と移転の進捗に深刻な影響を与える問題である。 同時に、メトロ1号線の商業運転のための標準的な枠組みの確立の進捗にも影響を及ぼします。

「したがって、会社のための十分な資金を確保するために、市人民委員会の勧告をすぐに検討することを願っています」とベトナムのJICA駐在員事務所の長からの文書は述べました。

また、JICAは、HURC1の円滑な運営は、メトロ1号線の商業運転にとって非常に重要であると考えています。 したがって、資金決済期間が延長されると、ルート運営の全体的な進捗に望ましくない影響を与えることになります。

最近、ホーチミン市人民委員会事務局に提出された文書では、HURC1会社の全従業員は2022年2月から今日まで給与を受け取っておらず、2021年7月以降は給与が支払われていないと述べられています。 社会保障の支払い。

この会社は、2021年8月から運営資金がないことを特に宣言しているため、現在の任務を中断しなければならないというリスクを冒して、困難な状況に陥っています。

ソース:https://plo.vn/cong-ty-van-hanh-metro-1-het-tien-phia-nhat-ban-len-tieng-post685984.html

賃金が足りないため、メトロ1号線を運営する会社が緊急の請願を開始

今年の初めから、都市鉄道会社No. 1の従業員は、業務停止のリスクを冒して、給与も社会保障負担金も受け取っていません。

Sakamoto Suzu

「ビールの第一人者になりたい。テレビ中毒者。完全なインターネット忍者。受賞歴のある主催者。誇り高い起業家。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。