不動産株は同時に上限に達する

緑色は市場を支配し、不動産や銀行グループが昇華し、VN-Indexが5回連続で上昇し、しきい値の1,500ポイントに近づきました。

先週の一連の慎重な上昇の後、市場は今週初めに反発した。 VN-Indexはベンチマークを上回り、午前中のセッションの前半にゆっくりと動きました。 ただし、取引が多いほど、強気の勢いは大きくなります。 販売力があまり強くない間、買い手はより積極的に価格を押し続けました。

銀行や不動産などの大規模な時価総額グループは活発に取引されていました。 大型および中型株を含む注目すべき不動産株は午後の早い時間に急上昇し、多くの値上がり者がフルレンジに到達し、指数が上昇するのを助けました。

セッションの終わりに、VN-Indexはほぼ26ポイント(1.76%)上昇し、ほぼ1,495ポイントに上昇しました。 VN30指数は1.74%上昇して1,500ポイントを超えました。 HNXでは、HNX-IndexとUPCOM-Indexがベンチマークを上回りました。

VN-Indexは、3月21日のセッション後にほぼ26ポイント上昇しました。 写真: VNDirect

セッションの終わりには緑色が優勢で、HoSEでは326人の勝者が113人の敗者に対して勝ちました。 特に大型株グループでは、27/30の優良株の価格が上昇しました。

不動産は、今日のセッションで最も注目に値する名前です。 VN30、PDR、NVLグループの中で、彼らは上限価格で取引を終え、KDHは4.5%を追加し、VHMは3.9%を獲得しました。 ミッドキャップグループでは、DIG、DXGもフルレンジで増加し、SCR、CII、QCG、NBB、NLGはベンチマークを大幅に上回りました。 FLCやルイなどの投機株も好調に推移しました。

不動産、銀行コード(時価総額、石油およびガス、小売で最大の割合を占めるグループ)に加えて、消費財も前向きな状態でした。 MSNは6%以上の増加を記録し、MWGは2.5%増加しました。 HDB、VPB、TPB、VCB、ACB、TCBなどの銀行コードがベンチマークを超えています。

市場の流動性は、最近のセッションの平均から15%増加し、HoSEでは約24兆ドンの規模で改善しました。 外国人投資家は、主に大型株グループに焦点を合わせて、1.1兆ドン以上の突然の純購入を行いました。

ミンソン

Tsuda Asami

「コーヒーの専門家。謝罪のないツイッターの第一人者。熱心なテレビ学者。インターネットの先駆者。アルコールの擁護者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。