三菱エクスパンダーはトヨタベロス、アバンザの2倍の売り上げ

新製品の効果により、トヨタのデュオは3月に800台以上の車両を販売しましたが、フラッグシップの名前であるエクスパンダーに大きく遅れをとっていました。

3月のMPVセグメントは、トヨタベトナムが2つの新しいモデル、VelozCrossとAvanzaPremioを販売したときにさらにエキサイティングになりました。 トヨタはイノーバとともに、ファミリーカーのグループで3つの製品を、市場で最も高い10億ドン未満の価格で提供しています。

VelozCrossとAvanzaPremioはどちらもインドネシアから輸入されており、同じシャーシを共有しています。 以前のアバンザとラッシュよりも若くてモダンな新しいデザインで、このペアは、2022年以降の日本の合弁会社のミニバン市場シェアへの渇望を和らげる予定です。 イノーバは長い間このセグメントを支配していましたが、2018年からの三菱エクスパンダーの登場は状況を変えました。

販売初月の3月、ベロスは649台、アバンザは183台を納入しました。 トヨタ2車の総販売台数は、エクスパンダー(1,622台)の約半分の832台に達した。 トヨタの2つの新モデルの目標は、月平均約1,500台です。

ビンズオン工場のエクスパンダー。 写真: 三菱

トヨタの新しいミニバンデュオのプレッシャーは三菱エクスパンダーにとって低くはありません。モデルは2022年にアップグレードされる予定ですが、正確な時期は不明です。 3月の1,600台以上の車はエクスパンダーの年初以来の最高の売上高を表しており、このモデルは市場全体の売上高トップ6にランクインしています。

第1四半期末時点で、三菱のフラッグシップモデルの販売台数は3,800台を超え、市場シェアは約53%で引き続きセグメントを支配しています。 エクスパンダーは、インテリアが広く、若々しいデザインで、ベロスクロスよりも低価格であると同時に、競合他社のように「ピーナッツビール」を販売していません。

Veloz Crossの登場により、スズキXL7は今月のベストセラー車のリストで3位になりました。 スズキのモデルは今年これまでに312台の車を販売し、1,500台以上の車を積み上げました。 XL7はわずかにアップグレードされたばかりで、3月から1,000万ドン値上がりしました。スズキには、前王のイノーバ(212台)よりも300台近く売れるモデルのエルティガもあります。

ベトナムの小型MPVのセグメントには、現在7つの製品が戦争に参加しています。 これらのうち、トヨタイノーバだけが国内で組み立てられ、他はインドネシアから輸入されています。 近い将来、TruongHaiは古いRondoの代わりにKiaCarensモデルを再配布する予定です。

タンナン

Muramoto Hisoka

「熱心な思想家。アマチュアの読者。どこにでもいる動物の友達。作成者。典型的なウェブ狂信者。音楽のスペシャリスト。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。