ユニクロの親会社がロシア滞在を誓う

ユニクロの所有者であるファーストリテイリングは、ロシアのウクライナ侵攻に抗議するためにロシアを離れる企業の波に続いて、それがまだ続いていると発表しました。

「服は生活に欠かせないものです。ロシア人には私たちのように生きる権利があります」とファーストリテイリングの社長兼最高経営責任者である柳井達は語った。

この情報は 日経 柳井さんのメールコメントから引用。 戦争に反対し、各国に一緒にデモを行うよう呼びかけたが、ユニクロのボスは、50店舗すべてがロシアでまだ営業していると語った。

彼の声明は、一連の世界最大のブランドに反している:ロシアでの事業をやめるか中断する。 柳井氏はまた、企業に政治的選択を迫る傾向に公然と疑問を呈するビジネスマンの一人です。

ウクライナ侵攻後にロシアに課せられた制裁は、世界的な企業移住の波に拍車をかけました。 ファーストリテイリングの主な競争相手であるインディテックスSAは、一時的に502の店舗を閉鎖し、オンラインでの販売を停止しました。 アップルとナイキも店舗を閉鎖し、BMWやジェネラルモーターなどの自動車メーカーは生産と国内への輸出を停止しました。

米国やほとんどのヨーロッパ諸国と同様に、日本政府は、多くの公務員、金融業者、および日本からの中央銀行を含む金融機関の資産の凍結など、ロシアに対して一連の制裁を課しました。

現在、日本企業は2つのグループに分かれています。 国の最大の自動車メーカーであるトヨタとホンダはロシアへの自動車輸出を停止しているが、多くのロビイストは三菱、三井物産のような巨人が国の石油とガスのプロジェクトをやめようと急いではいけないと警告している。 ロシア市場の37%を占めるたばこ産業である日本たばこ産業は、現在も営業を続けており、日本および国際的な制裁を遵守することに「全力で取り組んでいる」と述べた。

デュークミン ((テオ・ブルームバーグ)。

Mukai Mamoru

「旅行オタク。筋金入りのビールの専門家。熱心なウェブ愛好家。流行に敏感なベーコン狂信者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。