マグニチュード7.3の地震、日本の津波警報

今日、強い地震が日本の北東海岸を襲い、当局に津波警報を発するよう促した。

気象庁によると、本日午後11時36分(ハノイ時間午後9時36分)、福島県北東部の沖合60kmでマグニチュード7.3の地震が発生した。 その直後、日本の北東海岸の一部で高さ1メートルの津波警報が発令され、人々は海岸や河口に近づかないように促されました。

目撃者によると、首都東京でも震えが感じられた。 一部の地域では、日本の7レベルのスケールによると、レベル6以上で揺れが記録されました。これは、人々が立ち上がれないレベルに対応しています。

今日の福島県沖のマグニチュード7.3の地震の場所。 チャート: USGS

日本の岸田文雄首相は、政府が地震後の被害を評価していると発表した。 東京電力は、首都東京の70万戸以上を含む約200万戸の住宅が停電し、福島原子力発電所の原子炉の状態をチェックしていると述べた。

福島県、宮城県、山形県で余震が発生する可能性があると当局は警告した。

この地域は地震と津波に見舞われ、2011年3月に2万人近くが死亡し、福島原子力発電所で事故が発生しました。

日本は、東南アジアと太平洋盆地にまたがる地震活動の活発な地域である「環太平洋火山帯」に位置しており、世界で最も地震が発生しやすい国の1つとなっています。 この国はまた、世界でマグニチュード6以上の地震の約20%を占めています。

アンを見た (によると ロイター)。

Kubota Kyo

「ハードコアビール狂信者。ウェブファン。邪悪なアナリスト。極端なトラブルメーカー。Twitterスペシャリスト。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。