ホーチミン市は地盤沈下を避けるために日本と協力したい

環境天然資源省は、市の人民委員会が、地盤沈下を防ぐための解決策を見つけるために国際協力機構と調整するように同省に指示することを提案した。

この提案は、ベトナムの日本国際協力庁(JICA)がホーチミン市と協力して技術協力を行うことを望んでいた後、天然資源環境局長からホーチミン市人民委員会に提出されたばかりです。それを徹底的に評価し、地域の沈下問題を解決するためのプロジェクト。 JDBCは、東京(日本)、ジャカルタ(インドネシア)、バンコク(タイ)での経験に基づいて、市に調査計画案と地盤沈下対策を送付しました。

Phan Van Tri-Nguyen Oanh(Go Vap地区)の交差点の道路は、2020年8月に沈静化しました。写真: ディンヴァン

天然資源環境局の提案で、市政府は、調査においてJICAに情報を提供し、支援するために関連部門と調整するためにこの機関を割り当てることに同意しました。と対策。 調査プロセスは、地質学、地盤沈下の原因、探鉱井の建設、技術移転などを学ぶために、JICAが支援する技術協力プロジェクトを構築する必要性を判断することを目的としています。

以前、天然資源環境省によると、ホーチミン市は非常に高い沈下率を記録した地域であり、年間平均4 cm、場所によっては6〜7cmでした。 2019年に水資源管理局が発表したホーチミン市の24地点のモニタリング結果、アンラク地区(ビンタン地区)は、10年(2009-2019)が81cm沈下した最大の沈下の場所です。

多くの専門家や科学者は、都市開発と交通量の増加の原因に加えて、地質は弱く、ホーチミン市の地盤沈下は地下水の過度の利用によって引き起こされていると信じています。 したがって、市は、適切な対応策を講じるために、各地域の調査と包括的かつ詳細な評価に引き続き投資する必要があります。

JDBCは、技術協力プロジェクトのための日本の政府開発援助(ODA)実施機関です。 発展途上国の復興に貢献することを目指しています。 この組織には100か国以上に代表者がおり、ベトナムでは運輸、健康、教育、経済投資、都市計画の分野で協力しています…

ジアミン

Sonoda Kamiko

「熱心なゾンビファン。邪悪な内向性。ソーシャルメディアのスペシャリスト。筋金入りのトラブルメーカー。コーヒーメイヴン。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。