ベトナムの試合に旅行するために使用される最新情報F0

疫学レポートによると、F0がミーディンスタジアムでベトナムと日本の試合を観戦していたという事実について、ソンタイ市ソンドンコミューンのタンアンに住む30歳のNNG氏はポジティブであると宣言されました。 11月17日のSARS-CoV-2ウイルスについて、地域の咳と発熱のスクリーニングを行いました。

その前に、11/11の夜、G氏はミーディンスタジアムに行き、C列、4列目に下から上に座っていました。 フィールドに入る前に、この人は規則に従ってSARS-CoV-2について陰性であるとテストしました。

11月15日の夕方、青年は倦怠感、咳、迅速検査陽性の症状を示し、PCRサンプルを採取しました。

MGは11月5日に2回目の接種であるCovid-19ワクチンの2回の注射を受けたことが知られています。

ソンタイ市の保健局長は、地方自治体が13のF1を追跡し、初めて陰性であり、集中隔離に移行したと述べた。 関連分野もまた、エピデミックの予防と管理のために医学的に治療され隔離されています。

「また、緊急の発表を行い、疫学調査を実施するために、ハノイCDCの地区に連絡しました」とチーフは言いました。

ソンタイ市政府は、市の保健センターに機能機関と調整して、適切なエピデミックの予防と管理措置を緊急に調査および実施するように指示しました。

4月27日から今日までの4回目の発生時の症例数を合計すると、ハノイでは、コミュニティ外の2,428人を含む、合計6,739人の陽性症例があり、4,311人が隔離されています。 市は現在、流行レベル2(黄色、中リスク)にあります。 過去1週間で、ハノイは3日間で200のCovid-19症例を超えました。

11月17日から、ハノイはSARS-CoV-2感染症例の治療を収集し、自宅でF1の隔離を試験的に実施し、他の州や都市からハノイまでの人々の隔離と検査を強化しました。

Sonoda Kamiko

「熱心なゾンビファン。邪悪な内向性。ソーシャルメディアのスペシャリスト。筋金入りのトラブルメーカー。コーヒーメイヴン。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。