ナダルはウィンブルドンと全米オープンで競い合いたい

ラファエルナダルは、2022年シーズンの後半にウィンブルドンと全米オープンでフィーチャーするために怪我に適応することを目指しています。

ナダルは6月17日のマヨルカオープンの傍観者インタビューで、「気分が良く、ウィンブルドンでプレーするつもりだ」と語った。 「私は約1週間、治療とトレーニングを行っています。競争する予定がなければ、ウィンブルドンには行きません。ハーリンガムでショーを行い、その様子を見ていきます。ウィンブルドンから3年間離れています。年が経つととても悲しくなります。戻りたいです。現状を踏まえると、十分な競争力があると思います。

2010年にウィンブルドンで2回優勝した後、ナダルは決勝1回と準決勝2回を追加しました。 画像: ウィンブルドン

ナダルは、2019年の準決勝でロジャーフェデラーに敗れて以来、ウィンブルドンに出場していません。グランドスラムのグラスピッチは、ナダルにとって良いピッチではありません。 彼は2回だけタイトルを獲得しましたが、最近では12年前です。 ナダルの最後のウィンブルドン決勝も2011年で、4セットでノバクジョコビッチに敗れました。 ナダルが最も逃したのは、2004年、2009年、2016年、2021年の4回のグランドスラムです。

「全仏オープンで上手くプレーすることで、自信が持てるようになりました」とナダルは付け加えました。 「しかし、ピッチはまったく違う面です。3年間プレーしていないので難しいでしょう。最初のラウンドは非常に重要です。成功すれば、次のラウンドで自信を持って強い相手と戦うことができます。」 。

ナダルは、パリでの14のタイトルを含む、22のグランドスラムトーナメントの記録を保持しています。 彼はジョコビッチに次ぐ2人目の人物であり、すべてのグランドスラムで少なくとも2回優勝しています。 今年の初め、ナダルは5セットの決勝戦でジュニアのダニールメドベージェフを破り、10年にわたる全豪オープンのタイトルの干ばつを終わらせました。

「私はプロスポーツ選手なので、常にATPツアーのスケジュールを守るようにしています」とナダルは最近のシーズンで頻繁に行われる後半の休憩について語った。 「私は常に年末のトーナメントに向けて準備するために最善を尽くしています。私の意図は今非常に明確です。ウィンブルドンでプレーし、休憩してから、カナダのマスターズ1000に戻り、全米オープンに戻ります。」

個々のトーナメントに加えて、ナダルは9月末にロンドンで開催されるレーバーカップチームトーナメントへのフェデラーの招待も受け入れました。2017年に2人のスーパースターがペアになり、ヨーロッパチームがトーナメントの最初の組織でチャンピオンシップを勝ち取るのに役立ちました。 。

Vy Anh (従う マーク)。

Mukai Mamoru

「旅行オタク。筋金入りのビールの専門家。熱心なウェブ愛好家。流行に敏感なベーコン狂信者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。