ティエン・リンは日本の試合に出場できなかった

ストライカーのグエン・ティエン・リンは、内転筋が引き裂かれ、2022年のワールドカップ予選の最終戦に出場するために日本のチームに参加することができませんでした。

ティエンリンは、3月24日の夜にミーディンスタジアムで行われたベトナムとオマーンの試合中に担架でフィールドを離れなければなりませんでした。 写真: ラムユー

ティエン・リンはオマーンの選手と衝突し、昨夜3月24日にミーディンスタジアムで0-1の敗北を喫し、56分にピッチを離れなければなりませんでした。

今朝の試験の結果によると、彼は内転筋に涙を流し、2〜3週間の治療が必要でした。 つまり、朴恒緖監督には、コン・フォン、ヴァン・トアン、トゥアン・ハイ、ドゥク・チンなど、日本に行く余裕のあるストライカーが4人しかいないということです。

さらに、センターバックのタン・チョンは十分なペナルティを受けたが、ディフェンダーのヴァン・スアンは足首を捻挫し、フィーチャーする可能性は非常に低い。

オマーン戦後の記者会見で、朴監督はビザの申請や選手のパフォーマンスをチェックする時間がなかったため、二度と呼び出されないことを確認した。 「私たちはプレーヤーを必要として日本に行き、そのプレーヤーを使うつもりです」と彼は強調した。

8回の敗北と1回の勝利の後、ベトナムは2022年ワールドカップの第3予選ラウンドであるアジア地域でグループBの最下位にいます。 最後の2試合に備えるために、チームは3月中旬から会合しましたが、コーチパークは最強のチームを持つことができませんでした。 ブイ・ティエン・ドゥン、チャン・ディン・チョン、グエン・ドゥイ・マンが負傷した一方で、グエン・ホアン・ドゥック、ルアン・スアン・チュオン、ファン・ドゥク・フイなどの他の柱はすべてCovid-19に感染しました。 感染した症例は確かに日本に旅行することはできません。日本は14日前に陰性検査のために入国することを人々に要求しているからです。

コーチパークは日本に行くために残り20人のプレーヤーしかありません。 そこにチームは別の追加、ダンヴァンラムを持っています-ゴールキーパーはセゼロ大阪クラブのためにプレーします。

日本とベトナムの試合は、3月29日(ハノイ時間)の午後5時35分に行われます。 日本は間違いなくワールドカップの出場権を獲得し、9試合で21ポイントを獲得しました。これは、3位のオーストラリアを6ポイント上回っています。

日本との試合の準備をしている21人のプレーヤーのリスト

ガーディアン(3):ダン・バン・ラム(セレッソ大阪)、ブイ・タン・チュオン(ハノイFC)、トラン・グエン・マン(ベトテル)。

ディフェンダー(10):Nguyen Duc Chien、Nguyen Thanh Binh(ベトテル); Le Van Xuan、Bui Hoang Viet Anh(ハノイFC); Adriano Schmidt、Do Thanh Thinh、Ho Tan Tai(Binh Dinh); ダオヴァンナム(ホンリンハティン); Que Ngoc Hai(SLNA); ヴーヴァンタン(HAGL)。

ミッドフィールダー(4):ド・フン・ドゥン、グエン・クアン・ハイ(ハノイFC)、グエン・トゥアン・アン(HAGL); リーコンホアンアン(ビンディン)。

ストライカー(4):グエン・コン・フオン、グエン・ヴァン・トアン(HAGL); ファムトゥアンハイ(ハノイFC); Ha Duc Chinh(ビンディン)。

ラムユー

Mukai Mamoru

「旅行オタク。筋金入りのビールの専門家。熱心なウェブ愛好家。流行に敏感なベーコン狂信者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。