セックススキャンダルは日本の芸能界を汚す

一連の女性俳優は、日本のエンターテインメント業界の「地下法」であるセックススキャンダルを明らかにしました。

によると yahoo、4月初旬、61歳の詩人兼監督の園子温は、女性を性的暴行で告発された。 ページ上 初め名前のない2人の俳優は、園子温が映画業界での彼の力と地位を利用して、多くの女の子を虐待したと述べました。

被害者は、園子温が映画に出演するために彼とセックスするように彼女に頼んだことがあると言いました。 俳優が拒否したとき、園子温の助手が彼を連れ出しました。 最初は救われたと思っていたのですが、意外と助手が女優をホテルに連れて行ってくれました。 別の犠牲者は、園子温が俳優にオーディションにお金を要求したことを明らかにしました。 多くの人が監督と「寝る」ことに同意し、行動する機会の条件を満たします。

園子温監督。 写真: オリコン

4月6日、園子温は管理会社を通じて、事件に対応するために手書きの手紙を送った。 彼は「欠陥があり、他人の気持ちを気にしない」ことを認め、彼のせいで大きな打撃を受けた人々に謝罪した。 しかし、園子温は、いくつかの告発は真実ではないと述べた。彼は法に彼の名誉を守るよう求めるだろう。

園子温は監督を務めた有名な監督です 愛のショー、新宿の白鳥…彼は女優の神楽坂恵と結婚しており、神楽坂恵は現在夫の業務を管理しています。

によると 今日この1か月間、日本のエンターテインメント業界はセックススキャンダルに悩まされてきました。 3月、榊英雄監督は4人の女優に手探りと強制セックスで告発された。 榊英雄の名前を見ると慌てて苦しんだという人もいました。 他の人は、榊英雄が定期的に性器の写真を送っていることを明らかにしました。

俳優・監督榊英雄。 彼はVersus、Battlefield Baseball、Aliveなどの多くのヒット映画に出演しました。 写真:オリコン

俳優・監督榊英雄。 彼は「Versus」、「Battlefield Baseball」、「Alive」などの多くのヒット映画に出演しました。 写真: オリコン

告発の前に、榊英雄は彼を告発した4人の女優のうちの3人と「関係」を持っていることを認めましたが、当事者は自発的であり、彼によって強制されませんでした。 榊英雄は女性スターのせいではないと思っており、妻を憐れんでいるだけだ。

スキャンダルのため、榊英雄は日本人に追放された。 3月末に管理会社は彼との契約を終了した。 映画 ハネムーン 3月下旬発売予定の榊英雄監督も劇場公開。

榊英雄のスキャンダルは落ち着きませんでしたが、俳優の木下ほうかは2人の匿名の女優からレイプで告発されました。 彼らはページを与えます 文藝春秋 木下ほうかは、新しい俳優に映画に出演するように頼むという言い訳を使って、俳優の個人の家に行ってから性的暴行をすることを提案しました。 スキャンダルで木下ほうかは管理会社に解雇された。 3月28日、俳優は彼の個人的なページに謝罪の手紙を投稿し、彼の引退を発表しました。

俳優木下ほうか。 写真:オリコン

俳優木下ほうか。 写真: オリコン

一連のスキャンダルは日本のエンターテインメント業界を揺るがしました。 榊英雄や園子温の「無言のルールの使用」を批判する映画製作者は多い。是枝裕和、諏訪淑弘、曽根由紀子、西川美和、深田晃司、舩橋敦などの有名な監督、プロデューサー、脚本家など。共同声明を発表し、映画製作者に個人的な利益のために彼らの立場を乱用しないように、映画産業を汚し、芸術的環境を害しないように呼びかけた。 プロデューサーは、映画製作者が安心して作成できる安全な環境を作成することを約束します。

エンターテインメント業界における「地下ルール」の問題は、日本の世論に何度か騒ぎを引き起こしました。 によると 今日、有名なMC藤田小百合は、女性スターを募集する際に道徳的に低下する監督もいるが、女性アーティストにも責任があると語った。 藤田小百合は「野心的で意欲的な人だけが監督やプロデューサーとのセックスを受け入れるだろう」と語った。 藤田小百合は、大きなプログラムに参加することと引き換えに、重要度の高い人に飲み物を提供するという申し出を受けたことがあると語った。 でもその時、藤田小百合は「言葉を無駄にしないで、去って」と答えました。

彼のような

Muramoto Hisoka

「熱心な思想家。アマチュアの読者。どこにでもいる動物の友達。作成者。典型的なウェブ狂信者。音楽のスペシャリスト。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。