スズキXL7は6億4000万の価格で特別なバージョンを追加します

XL7 Sport Limitedには、ワイヤレス充電、360度カメラ、ハンズフリーオープニングトランク、ダッシュカムなどの新機能があります。

3月23日、スズキベトナムはXL7シリーズの特別なスポーツ限定バージョンを6億4000万ドンの販売価格で発売しました。 6億ドルのスタンダードバージョンと比較して、スペシャルバージョンは4000万をわずかに上回り、より豊富な機器を備えています。

ホーチミン市のスズキ販売店でのXL7スポーツ限定版。 写真: ドン・チュオン

XL7 Sport Limitedは、全体的なデザインの点で標準バージョンに似ています。 ただし、この車には、ハンズフリートランクリリース、内部バックミラーに表示される統合ダッシュカム、360度カメラ、コックピットでのワイヤレス充電などの追加機能があります。

スズキXL7には以前は1つのバージョンしかありませんでしたが、現在は2つあります。 3月の初めから市場に出されたわずかな進化において、XL7のエンジンはまだ1.5リッタータイプであり、6,000rpmで103馬力、4,400rpmで138Nmのトラクション、4つのレポートを備えたオートマチックギアボックスを備えています。 ただし、排出ガス基準は4ユーロではなく5ユーロに引き上げられています。車の側面には、断熱フィルムが追加されたガラスドアに加えて、この新しい基準を識別するための追加のスタンプがあります。

新たに追加されたXL7は、ライバルの三菱エクスパンダーよりも装備が豊富になっています。 エクスパンダーのミッドサイクルアップグレードは2022年にベトナムに到着し、同様の機能を備えていると予想されます。 クルーズコントロール技術に関しては、XL7はまだ競争相手ほど良くありません。

インドネシアから輸入したスズキXL7は、現在ベトナムの日本企業のフラッグシップモデルです。 エルティガの「プレミアム」バージョンとしてのデザインと機能性を備えたXL7は、2020年後半の発売から現在に至るまで非常に好調に推移しています。 2021年、スズキのモデルは5,175台の販売を達成し、フラッグシップ名のエクスパンダーに次ぐセグメントで2番目にランクされ、13,616台でした。

アップグレードされたXL7の発売に伴い、ベトナムの小型MPVセグメントは、アバンザプレミオとベロスクロスの2つの新製品を受け取りました。 スズキのErtiga/XL7、トヨタのAvanza / Veloz、三菱のXpander / Xpander Crossなどのモデルは、7人乗りのファミリーカーセグメントで激しい競争を繰り広げています。 エルティガは依然として最も安価なモデル(MTバージョンでは5億ドン)、ベロスクロスは最も高価(トップバージョンでは6億8800万ドン)、エクスパンダーは中間のベストセラーセグメントである。

タンナン

Tsuda Asami

「コーヒーの専門家。謝罪のないツイッターの第一人者。熱心なテレビ学者。インターネットの先駆者。アルコールの擁護者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。