VTIエデュケーションで日本でプログラマーになるチャンス

VTI Educationは、京都コンピュータ研究所(KCG)と協力協定を締結したばかりで、留学生が1〜2年後に日本でコンピュータサイエンスを学び、働く可能性を広げています。

調印式では、VTIグループとVTIエデュケーションの代表であるVTIJapanのCOOであるNguyenHai Duong氏は、次のように述べています。整然とした標準的な方法であり、卒業したら良い仕事を見つけるための多くのサポートがあります。」

VTI JapanのCOOであるグエンハイズオン氏(右)は、京都コンピュータ学院院長の寺下氏と協力協定を締結しました。

京都コンピュータ学院(KCG)をベトナムと日本の合同研修プログラムのパートナーとして選んだ理由について、ドゥオン氏は「KCGはコンピュータサイエンスとテクノロジーの教育を専門とする学校です。いくつかの情報があります。 日本は、京都大学(世界で最も優れた大学の1つであり、日本で多くのノーベル賞を受賞した教授がいる)の著名な教授によって設立されました。

教育コンテンツは最新で新しい時代に適応しているだけでなく、ここの設備も学校によって多額の投資が行われています。学校は前世紀の80年代からすべての生徒にパソコンを提供してきました。 この伝統を受け継いで、学校は今でも学生に良い学習環境を提供し、広々とした施設と近代的なカリキュラムを備えています。 さらに、KCGには、さらに勉強したい人に便利な、専用のコンピュータサイエンスマスタートレーニングシステムもあります。

Duong氏はまた、VTIグループの会長であるTran Xuan Khoi氏を訪問し、署名式の前に学生生活を体験するために京都のKCGスクールを訪問しました。 「学校のキャンパスは、旅行、生活、仕事に便利な場所にあります。 ベトナム人留学生が利用するキャンパスは、京都駅から徒歩わずか5分です」とドゥオン氏。

参加中の学生 アフィリエイトトレーニングプログラム ベトナム-VTIEducationの日本では、日本で1年間の専門的な学習が必要です(通常は2〜4年かかり、費用は約3億2,000万〜7億2,000万ドンです)。 このプログラムは、日本語学習の費用を含めることで、他の方法と比較して、学生が留学費用の約40〜60パーセントを節約するのに役立ったとVTI教育担当者は述べています。 この代表者によると、卒業後、VTIエデュケーションの学生の100%が月給2,000〜4,000米ドルで日本での仕事を紹介し、長い間日本に住み、働く機会があります。 。

さらに、学生はまた、卒業と就職を通じて、日本への飛行機の搭乗から学生をサポートする準備ができているKCGとVTI教育をサポートしてホストすることを約束します。 また、卒業後はKCGから専門大学の学位を取得し、自らの強みを発揮し、ベトナムや日本の企業に求められています。

ドゥオン氏はまた、VTIジャパンのVTI教育学生に対する役割と支援について強調しました。「VTIジャパンは、ベトナムと日本の合同教育プログラムに参加する学生の学習支援プロセスに積極的に参加しています。 学生、およびVTIの基準に一致する候補者を採用すること、または高給の仕事をVTIの日本のパートナーネットワークに紹介することへのコミットメント」。

VTIの学生との共有セッション中のグエンハイズオン氏(立っている)。

VTI Educationの合同研修プログラムに参加する学生は、日本で1年間の専門的な研究を行います。

グエン・ハイズオン氏は、東京と大阪に本社を置く日本市場向けの情報技術ソリューションの提供を専門とするVTIジャパンのマネージングディレクターです。 ドゥオン氏は、アジアの技術大国として知られる国の資源不足の問題を完全に理解していると述べた。

不安や不安の代わりに、ドゥオン氏はベトナムの若い世代にとって大きな可能性と機会を今でも見ています。 彼は、「日本は科学技術、平和、安定、そして穏やかな人々で発展した国です。日本は技術プラットフォームの面で大きな変革の時期にあり、「IT専門家の雇用」のための多くの機会を生み出しています。

VTIエデュケーションとKCGの経営陣。

VTIエデュケーションとKCGの経営陣。

実際、2022年の初めに、日本の情報技術企業は、ベトナムの不足数の1.5倍である最大45万人の従業員の資源不足を報告しました。 深刻な人員不足により、専門家は、日本が2030年に最大79万人のIT専門家を欠場する可能性があると警告しています。

日本は常に海外からの資源の投資と開発を求めており、その中でベトナム人は2番目に大きなコミュニティであり、総資源の15%を占めています。 ベトナム人学生は、日本での素早い仕事、勤勉さ、勤勉さ、そして両国の文化的類似性のレベルで高く評価されています。

(出典と写真: TIV教育)。

Kubota Kyo

「ハードコアビール狂信者。ウェブファン。邪悪なアナリスト。極端なトラブルメーカー。Twitterスペシャリスト。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。