[Video] HUTECH日本学科の学生がチャンガラ伝統舞踊を鑑賞

11月24日、ホーチミン市工科大学(HUTECH)日本学科は、福島・ベトナム友好協会と連携し、福島地域における伝統舞踊「チャンガラの芸術」プログラムを企画した。コミュニケーションのためのスペース。 ユニークな文化的および芸術的伝統を保存します。




このプログラムは、在ホーチミン日本国総領事である小野益雄氏の立会いの下で行われました。 藤田 健二氏 – 副領事。 ホー・スアン・ラム氏 – ホーチミン市友好団体連合副会長。 グエン・コン・タン氏 – ホーチミン市日越友好協会名誉会長。 大和田 博氏 – 菅波伝統文化遺産協会会長、福島・ベトナム友好協会副会長。 白鳥翔氏 – 絆日本ベトナム文化交流センター所長。 バリア・ブンタウ省友好団体連合代表、福島県日本スガナミ伝統文化保存協会芸術団代表、トラン・ファン・キム・ホアン氏。





HUTECH側には准教授のPhDがいました。 ブイ・スアン・ラム – 学校評議会副会長、博士。 Huynh Ngoc Anh – 副所長、修士課程。 ホー・ト・リアン – 日本研究学科長、修士。 Luu The Bao Anh – 学部の副学部長および学部/研究所の長の代表。





式典で小野益夫氏は、文化交流プログラムを通じて学生たちが日本の人々と日本という国をより深く理解し、両国間の戦略的パートナーシップの重要な要素である若い才能の育成に役立つことを期待し、感激の意を表した。ベトナムで幼少期を過ごした思い出のダンスを見ながら。


[Video]    ヒューテック日本学科の学生がチャン・ガラの伝統舞踊を鑑賞 79
小野益夫先生は、この文化交流プログラムが学生たちが日本の人々と日本という国をより深く理解するのに役立つことを望んでいます。



プログラムの冒頭では、日本学部の学生らが伝統的な民族舞踊と現代的で楽しい色彩を組み合わせ、ベトナムの人々と国の美しさを再現した「美しいベトナム」を披露しました。 「三地域の故郷」。





交流中は、福島県菅波伝統​​文化保存協会の芸術団が伝統舞踊「チャン・ガラ」を披露した。 この踊りは福島地方の特徴で、じゃんがら念仏踊りで死者の霊を供養するためによく踊られます。





舞踊の精神と調和した日本人アーティストによる尺八の演奏は、鑑賞した人々の心に深い感動を与えました。



プログラムの一環として、学生たちは日本の芸術家と交流し、新たな知識を獲得し、桜の国の長年にわたる伝統的な芸術文化についてより深く理解する機会を得ます。


[Video]    ヒューテック日本学科の学生がチャンガラの伝統舞踊を鑑賞 143



[Video]    ヒューテック日本学科の学生がチャン・ガラの伝統舞踊を鑑賞 149 [Video]    ヒューテック日本学科の学生がチャン・ガラの伝統舞踊を鑑賞 151

学生はアーティストと交流し学びます 日本の伝統文化や芸術について



文化芸術交流プログラム「福島地域の伝統じゃんがら踊りの芸術」は、ヒューテックの日本文化を愛する学生コミュニティに多くの忘れられない印象と感動を残しました。 音楽との密接なつながりのおかげで、学生は日本の文化、国、人々について多くの有用な知識を蓄積し、知識と統合スキルを豊かにし、将来、国際的な環境で自信を持って新しい挑戦と発展の機会に挑戦します。


[Video]    ヒューテック日本学科の学生がチャン・ガラの伝統舞踊を鑑賞 161
このプログラムは、学生が日本の文化、国、人々について多くの役立つ知識を蓄積するのに役立ちます。



ニュース: ヴィヌオン – ナムド
写真: ホアン・ナム
TT。 メディア

Sakamoto Suzu

「ビールの第一人者になりたい。テレビ中毒者。完全なインターネット忍者。受賞歴のある主催者。誇り高い起業家。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です