UEFers が吉本マッシュルーム カンパニーの専門家とともに日本の食文化を発見

桜の国の文化や食文化についての知識を深めてもらうため、UEF国際言語文化学部は11月30日午前、吉本マッシュルーム株式会社と連携しました。 ベトナム、教師連合がセッションを主催 ワークショップ「日本の食文化におけるヨシボタン」


UEFersはワークショップを通じて日本料理と健康的な生活についてもっと学ぶことができます

UEF側からプログラムに参加したのは、同校副理事長のナン・カム・トリ博士、国際言語文化学部長のボー・ヴァン・タン・タン博士でした。 修士号 Cao Do Quyen – 日本語学科の助手および教授。 ヨシモトマッシュルームベトナム株式会社代表出席者:金子隆太氏 – ディレクター。 Ms. Phan Thi Dieu Hien – 営業部門責任者。 グエン・アイン・ミン氏 – 副局長。


学校代表から参加者に花束と感謝状が贈呈されました

共有セッションの冒頭、同校副理事長のナン・カム・トリ博士は、時間を割いて来て日本の食文化の価値観を共有してくれた同社に感謝の意を表した。 これは、UEFの学生全般、特に日本語を学ぶ学生にとって、日本をより深く理解する機会となります。
ヨシモトマッシュルームベトナム株式会社有機ボタンマッシュルームの生産を専門とする会社です。 株式会社ヨシモトマッシュルームジャパンの子会社です。 日本のブランドボタンキノコ栽培業界で50年以上の経験があります。 ヨシモトマッシュルームベトナムは、現在競合他社がなく、将来の可能性のある産業であるベトナムにボタンマッシュルームの生産技術を移転した唯一かつ最初の子会社です。


ナン・カム・トリ博士はプログラムの重要性を強調した

今回の共有セッションでは、ヨシモトマッシュルームベトナム株式会社取締役の金子隆太氏が基調講演を行いました。 ヨシモトマッシュルームが目指したいブランド価値や製品の品質をもたらすために、適切な国を選択することについての見解をたっぷりと語っていただきました。
ベトナムに11年以上滞在している金子隆太氏は、ベトナムが国の工業化と近代化の原因と密接に関係している先進農業国であるため、その生産プロセスを高く評価しています。 これは、ここで活動する外国企業を大きくサポートします。


ベトナムとの関わりが11年に及ぶ金子隆太氏は、ベトナム料理に実用的な価値をもたらしたいと考えています。

同氏は、ベトナムでヨッシーキノコを選択し開発した理由は、ベトナム国民の食生活がますます健康指向になっていることを自身や他の指導者らが目にしたためであると説明した。 ヨシモトマッシュルームはまた、ベトナム料理に栄養価をもたらしたいと考えています。 きのこ料理もメニューを充実させ、家族においしい料理をたくさん提供します。
共有セッションでは、講演者との交流や交流の過程で、学生たちから非常に良い交流が得られました。 プログラムの売店でボタンマッシュルームを訪れ、知り、味わう機会もあります。

ワークショップ「日本の食文化におけるヨシボタン茸」では、UEFersは日本における料理の食材や健康増進につながるライフスタイルについて多くの知識を得ることができました。 国際言語文化学部では、これからも学生の学びの多様化を目指して、興味深い文化活動を数多く展開していきます。 常に情報をアップデートし、多くの貴重な学びを蓄積する機会となるよう積極的にご参加ください。

クイン・アイン
写真: タン・タン

Kubota Kyo

「ハードコアビール狂信者。ウェブファン。邪悪なアナリスト。極端なトラブルメーカー。Twitterスペシャリスト。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です